ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

水牛のミルク

水牛のミルクティ

ナガルコットの麓の茶店でいただいたネパリティ
水牛のミルクに茶葉を入れ、10分ほど煮出して出来上がった濃厚で甘~いミルクティ。
CIMG3318 - コピー CIMG3328 - コピー


水牛のヨーグルト

水牛のミルクから作られた「ヨーグルトの王様」といわれるJUJU(ズーズー)
地元バクタブルのガイドさんの一押しのお店で、ガイドさんにごちそうになりました。
CIMG3064.jpg CIMG3065.jpg
酸味は少なめでほのかに甘く、ゆるいチーズケーキのようです。
あまりの美味しさに帰りにまた立ち寄り、皆で素焼きの鉢ごと買い、ホテルの部屋で帰国の朝まで食べていました。

*ネパールはヒンドゥー教徒が多い国です。
 ヒンドゥー教では、牛はシバ神の乗り物であり、神聖なので食用にはしま
 せん。
 でも水牛(バッファロー)は別ものだそうで、カトマンドゥでは水牛の干し肉
 の料理がありました。
                            (ネパール紀行vol.7)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日にちも場所もかわって、日本の我が家。
ジジババだけの家庭は、クリスマスも365日の一日。
ワンコが来ても、特別な面倒なことをするつもりはなかったけれどー

新聞で、作家の平野啓一郎氏は水牛のチーズがお好きで、冬でもカプレーゼで毎日昼食代わりに召し上がっているという記事を読みー

明治屋に行った時に水牛のモッツアレラチーズを見つけ、「これか~」とつい手に取ってしまいました。
カズの好物の山羊のチーズは置いてなく、代用のフェタを購入。
CIMG4108.jpg

CIMG4117.jpg CIMG4113.jpg
左は友人のご主人お手製の燻製のロースハム(Yさん、感動の絶品でしたヨ

切って並べてオードブル風(兼、主食)になりました。
CIMG4124.jpg

ルルにはいつものフードにトッピングしてー
CIMG4131.jpg

CIMG4133.jpg

CIMG4132.jpg CIMG4136.jpg

               メリクリでした。

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| ルルおいてけぼり紀行・ネパール | 19:55 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

あの~ルルちゃんはなぜに段ボールに入っているのでしょうか?

これがホントの箱入り娘~ですね♪

| dayan | 2012/12/28 21:21 | URL | ≫ EDIT

No title

ルルちゃんはすっかり定番の段ボールが我が家になっているのですね~何だか可愛いです。
山羊のチーズはギリシャに行った時に沢山頂きました。ちょっと独特な感じで私は好きでした~
お洒落なオードブルですね。そしてルルちゃんの食器も可愛いです。

| えりす新一 | 2012/12/29 01:02 | URL | ≫ EDIT

スゴイ!

お手製のロースハムなんて素敵なんでしょう!
特別おいしいでしょうね!

| KILA | 2012/12/29 11:04 | URL | ≫ EDIT

No title

>dayanさん

ちょっと前に大きな地震があった後、とっさに近くにあったりんごの段ボール箱にルルを入れて、オスワリ、マテをしたら、そのまま落ち着いてしまいました。
(12/16 箱入りワンコ)
段ボール箱も健在です。

| ルルマガ | 2012/12/30 11:51 | URL | ≫ EDIT

No title

>えりす新一さん

夫もギリシャ旅行で山羊のチーズを好きになったんですよ。
「feta」という表示があったのでてっきり山羊だと思ったのですが、牛乳成分でした。
オイルごとサラダのトッピングにしたらとても美味しかったです。

ルルの器は陶器製で、どっしりして安定感があります。 

| ルルマガ | 2012/12/30 12:08 | URL | ≫ EDIT

No title

>KILAさん

燻製のロースハムは、お肉を塩漬けしたり何とか液に浸したりして何日もかけて作るそうですよ。
本格的で豪華で、お味もスモークが香ばしくて感動ものです。
ウチもいつか燻製作りにも挑戦したいみたいです。

| ルルマガ | 2012/12/30 12:26 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nana7lulu8.blog.fc2.com/tb.php/61-d9bddb50

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT