FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

岩手・花巻 “下ノ畑ニ居リマス” 賢治の「羅須地人協会」

花巻農学校の教師を辞し、「農民になる」といって
宮沢家別邸で、農耕生活を始めた賢治

DSC01554 - コピー

現在は、花巻農業高等学校内に移築され
「宮沢賢治先生の家」として、公開されています

DSC01586 - コピー

DSC01588 - コピー

周囲は、広い庭園として整備されていました

DSC01559 - コピー


賢治は、この家で、自給自足の生活を送りながら
「羅須地人協会」 を設立、農業指導やコンサート、朗読会などを行いました

DSC01560 - コピー - コピー - コピー 
DSC01567 - コピー 
DSC01571 - コピー


「銀河橋」 この橋を渡ると、花巻農業高等学校

DSC01601 - コピー

“ ワレラ ヒカリノ ミチヲフム ” 賢治の言葉が掲げられていました

DSC01595 - コピー

賢治の詩は、学校の精神歌にもなっています

DSC01576 - コピー DSC01602 - コピー

* * *

日本人なら誰でも知っている有名な詩・・・「雨ニモマケズ」

DSC01788.jpg

この詩は、賢治の死から5カ月後に偶然発見されたそうです
トランクの裏ポケットに入っていた小さな手帳に
数ページにわたって綴られていました

* * *

「羅須地人協会」があった跡地(桜町)にある「雨ニモマケズ」の詩碑は
高村光太郎の筆になるそうです

光太郎は、賢治の才能に早くから気づき
賢治亡き後は、作品を世に広めることに尽力しました

東京のアトリエを空襲で焼失した光太郎は
手を差し伸べてくれた花巻の宮沢家に疎開し
戦後も七年間、花巻の原野で独居生活を送りました

宮沢賢治と高村光太郎
花巻は、二つの才能が時空を超えて交錯した町です


にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村
QR_Code_1553564951 - コピー - コピー
スポンサーサイト



| 岩手紀行 | 08:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nana7lulu8.blog.fc2.com/tb.php/579-7221df76

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT