ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

東山魁夷展 in宮城

宮城県美術館で、「東山魁夷展」が昨日(11/11)まで開催されていました。

この絵が初期の名作「残照」(1947年)

CIMG3599.jpg

第2次大戦を挟み、相次いで肉親を亡くし、自らも徴兵されました。
終戦後、若い魁夷は深い悲しみの中、旅と思索を重ね、風景画家として立つ決心を固めたのです。

手前の山並みは苦しかった心のひだのようです。
遠くに向かう山並みは徐々に癒されていく過程。
ピンクに染まった山頂には未来への希望を感じさせます、
ついには空の彼方に溶け込み、自らが到達した清く澄み切った心境を表わしているかのようです

私はその後の意匠的な作風より、この絵に惹かれます。

そして今回、ヒマラヤの山並みに魁夷を見ました。
(ネパール紀行は次回より)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ルルは帰宅してから、庭を思いっきり駆け回りました。

その後はご覧の通り。

CIMG3518.jpg

CIMG3513.jpg

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| art&works | 18:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nana7lulu8.blog.fc2.com/tb.php/48-4dcb2f34

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT