ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

薔薇の名前「ピエール・ドゥ・ロンサール」

薔薇は何万種類もあるそうで、古今東西の著名人の名前が多くつけられています
リリー・マルレーンとか、クリスチャン・ディオールとか
クイーン・エリザベスやミスター・リンカーン、プリンセス・ミチコなどなど・・・

その人に因んだり、捧げたり、と尊敬の気持ちが込められています
一昨年訪れた函館の公園には、平和を願って名付けられたという
“スーヴニール・ドゥ・アンネ・フランク” という名前の薔薇がありました


そして、これらの花々が、“ピエール・ドゥ・ロンサール” という名を冠した薔薇
DSC04422 - コピー

モダン・ローズ系で大輪のカップ咲き

DSC04430 - コピー

育てやすく、花付きも花持ちも良い品種です
(我が家では年3回くらい咲きます、2度目3度目は花は少なく小さくなりますが)

咲き始めは、中央がピンク、外側に向かって白のグラデーション
DSC08680 - コピー

やがて薄いピンクになって、中央が渦巻きのクオーター・ロゼット咲きになります
DSC08678 - コピー - コピー - コピー


今年も友人たちが、庭の薔薇を見に来てくれて
友人の一人から、メールが届いていました

ピエール・ドゥ・ロンサール さんは、フランスの詩人だそうです
“薔薇の詩人”とも呼ばれ、詩が添えられていました
(彼女は、大学でフランス語を専攻し、今でも学びを続けています)

「カッサンドルへのオード 」 ピエール・ド・ロンサール (1524~85)

ぼくの可愛い人よ、見に行こう

朝の光を受け緋色に輝く

その衣を広げたあの薔薇が

夕べに、その重なるひだの衣と

君の頬に似た紅色を失ってはいないかと。

ああ! ごらん、ほんの少しの間に

ぼくの可愛い人よ、あの美しい薔薇は

なんということか、地面に散ってしまった。

おお、おお、自然よ、なんと意地悪な母であることか、

このような美しい花でさえ、朝から夕べまで

その命を永らえることができないとは!

だから ぼくを信じてくれるのなら、可愛い人よ、

君が、新緑の葉の中で

花を咲かせるこのときに

摘めよ、摘めよ、君の若さを

この花のように老いが

君の輝きを曇らせてしまうだろうから (訳・山本薫)



解説文にはー

若者が出会ったばかりの女性に
今朝咲いたばかりの、朝日を受けて
輝くみずみずしい薔薇のイメージが重なり
そのふっくらとした何枚もの花びらは
女性のスカートのひだをたっぷりとって
膨らんだ衣のようでもあります


という一文がありました

ひだをたっぷりとって膨らんだスカートって、どんなものかなと思っていたところ
2年前から始めた “スクエアダンス” のパーティで
お姉さま方がお召しになっていたコスチュームに目を見張りました

1360 - コピー - コピー - コピー  
1467 - コピー

短いギャザースカートの下に
“パニエ” という、ひらひらしたカラフルな下着を覗かせています

重さで下を向いた花のようですね
DSC08686 - コピー


ところで、カッサンドル とは、ロンサールさんが一目で心奪われた少女の名前
恋は実らず、やがて散りゆく花・・・
ロンサールさんは、薔薇の美しさに
自然や恋愛、人生のはかなさを詠んでいるそうです

いいね


にほんブログ村
スポンサーサイト

| 花とガーデニング | 09:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ピエールは初心者でも大丈夫な薔薇ですね。花付きが本当に良くてロマンティックでお庭が華やぎました。
我が家はテッポウムシにやられてしまいましたが また薔薇を再開するならピエールと決めています。

薔薇の名前は人名が多いですね。
ルルちゃんのお庭、また行きたいなあ〜〜

| えりす新一 | 2017/06/28 09:28 | URL | ≫ EDIT

>えりす新一さん

エルザ家のピエールは大きくて見事でしたね。
何百もの花を咲かせてー
我が家は低く剪定しています。
今度来た時に挿し木用にお分けしますよ。
また是非お出かけくださいね。

| ルルママ | 2017/06/29 15:16 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nana7lulu8.blog.fc2.com/tb.php/399-03c4640f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT