ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「リトル・チャロ」(東北編) 福島の桃にまつわる物語♪

Eテレの英会話シリーズ 「 リトル・チャロ 」

CIMG0803.jpg   CIMG0804.jpg
  リトル・チャロ       カノンママとチャロ

チャロは、その名の通り、茶色と白色のワンコです
(でもチャロはいつまでも子犬のままだね)

ルルも茶白
実は、カズがチャロに模様が似ているからと選んだのです

子犬の頃(5年前)のルル
CIMG0169 - コピー ルルお迎え紀行 001 - コピー
CIMG0084 - コピー ルルお迎え紀行 010 - コピー


震災後に放映された番組は、チャロが東北各地を旅して周る物語です

福島では、おなかをすかせたチャロが、おばあさんからを食べさせてもらいます

私はこの<東北編>の中で、この物話が一番好き♪
桃を食べる時、必ずこの話を思い出します
両手に桃を乗せると・・・その重みを感じずにはいられません

DSC08401 - コピー

あらすじ(簡単にまとめてみました)

福島を歩いていたチャロが、おなかをすかせて休んでいたところ
通りかかりのおばあさんが、を食べさせてくれます

チャロ:「ワン、おいしい! 桃ってこんなにおいしかったんだ。」

チャロはその晩、泊めてもらうことになり
おばあさんの家の庭で、一本の桃の木を見つけました

おばあさん:「これがさっきの桃の実を付けていた木なの。
        わたしにとっては大切な木なの。夫との思い出の木だからね。」

おばあさんは、思い出を話し始めました・・・

貧しいけれど、優しい夫と幸せに暮らしていた
ある日、夫は桃を一つ手に入れてきた (桃は当時も高価でした)

おばあさん:「おいしい! 桃ってこんなにおいしかったのね。あなたも食べて。」
夫:「俺は外で食べてきたんだ。お前が全部お食べ。
今日はお前の誕生日だろ。」

それから毎年、夫は誕生日に桃を一つ持って帰ってくれた

ある年の誕生日、おばあさんが夫を迎えに行ってみたら・・・
夫が村人に、桃を一つ分けてくれるよう頼んでいたのです (薪と交換で)

村人:「女房孝行もいいけど、あんたは桃を口にしたことないんだろう?」
夫:「私は、女房が桃を食べる嬉しそうな顔を見るだけで十分なんで。」

帰ってきた夫の笑顔を見ると、おばあさんは今見て来たことを言い出せず
いつものように桃をおいしそうにほおばりました・・・

それからすぐに、夫は病に倒れた

おばあさんは、村の人から桃を分けてもらって
「今日はあなたが桃を食べるのを見たいのよ。」

夫:「うまい! 桃ってこんなにうまかったのか。
一緒に食べよう。
俺は、桃をおいしそうに食べるお前の笑顔が見たくて
今まで一生懸命に生きてきたんだ。
最後にもう一度その笑顔を見せてくれ・・・」

じきに夫は亡くなり、おばあさんは2人で食べた桃の種を庭に埋めました
桃は芽を出し、やがて毎年実をつけるようになった

「この木のおかげで、私は明日を楽しみに生きてこられたわ。
私が桃を食べる姿を、夫は見ていてくれるかしらってね。」


いいね


にほんブログ村
スポンサーサイト

| 福島紀行 | 07:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nana7lulu8.blog.fc2.com/tb.php/396-f754036b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT