ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

白い花が咲く繊維用の亜麻の種を蒔きました~♪

亜麻には、油糧用と繊維用があるのを知ったのは、ずいぶん後のことです
(別に観賞用として宿根草もあります)

当別町の「亜麻まつり」で撮ってきた写真を見直していたら
その違いを表わしているパネルを見つけました

DSC04971 - コピー

DSC04971 - コピー (2) - コピー  DSC04973 - コピー - コピー


当別町や宮城の亜麻畑は油糧用で、青い小花がさざ波のように密集していました
外国では、青い湖 に喩えられているとか

現在、北海道で繊維を採っている方たちが栽培しているのは、繊維用だと思われます
古くは北海道でも繊維用に“あおやぎ”という品種が植えられていたそうです


油糧用の宮城の亜麻からでも繊維が採れるので、十分かなと思っていましたが
ナントナント、繊維用の亜麻の種 が手に入りました

“岩手のターシャ・テューダさん” 釜石のS さんが送ってくれました

Sさんのことは度々紹介してきましたが
“ワイールドフラワー”という10種ほどの種が入ったものを取り寄せたら
その中に初めて見る青い花が咲き、それが亜麻だったということです

種を採って翌年植えたら、青い花の中に背の高い白い花が咲き
調べてみたら、繊維用だということを知って、殖やしてきたそうです


こんなにたくさん送っていただきました

DSC07456 - コピー

日本一貴重な繊維用の亜麻の種です~!


昨年は、北海道から送ってもらった種をプランターに植えましたが
たぶん肥料のやり過ぎが原因で、惨敗していました

青く波打つ湖は、名取で観賞させていただくことにして
今年は畑の一隅に、白い花が咲くという繊維用の亜麻を植えてみることにしました

DSC07486 - コピー

昨年暮れ、苦土石灰を混ぜて中性の土にした所に、筋を作ってばらまきしました

DSC07473 - コピー

DSC07475 - コピー

DSC07467 - コピー (2)

ターシャさんの本には
「亜麻は畑にぎっしり植える、そうすると両側から押され、茎がまっすぐ高く伸びる」
と、記されています


この歌を口ずさみながら、種を蒔きました
(本で読んだのでメロディまではわからない)

メキシコ・インディアンがトウモロコシの種を蒔きながら歌ったという
伝承歌謡 「トウモロコシの歌」
トウモロコシをアマに、カラスをスズメに替えてー

アマの種が泣いている
《なぜ埋めたのか》と

土の中のそのすすり泣き
スズメが聞いて
掘って取り出し スズメが食べた

そこで私が言うのです
《三日間は泣いちゃいかん》と
そうしたら おくれるのです
芽が出て大きな生涯を

アーイ アーイ 種よ 種よ
アーイ アーイ 泣くな 泣くな

そうすれば
おまえは芽になるだろう



スズメについばまれないように、網を掛けましたよぉ~!


どんな花が咲くのかな、背の高さや繊維の量は・・・?
もうもう、ワクワク
ワンコのルルは嬉しいと跳びはねたり、駆け回ったりしますが
私も種を植えた後は、畑の周りをスキップして弾んでいました
もうバアさんだからドタドタだけど、心は嬉しくて嬉しくてルルのように~♪


名取の亜麻の播種(ハシュ)も今週だと、農業センターの庄子先生から連絡をいただきました
見たいのはヤマヤマですが、たぶん見学者も多いことだろうし
作業に差し障るのではないかと、控えることにしました

芽を出したころ、ふらりと見に行こうかな~



にほんブログ村
スポンサーサイト

| 宮城の亜麻 | 15:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nana7lulu8.blog.fc2.com/tb.php/385-e02ea7d4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT