ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

昨日(27日)大雪の日に福島へ日帰り旅

ついているのか、ついていないのか・・・

ナント私は、たまたま応募した“日帰り旅行”に当選しました~♪
福島 「大内宿」 「鶴ヶ城」 「梅の里」 を巡るバスツアー
カズはルルと留守番をしているからというので
一人旅もいいかなと、一人で参加することにしていました

バスツアーは初めてです、ところが、よりによって
この日(昨日の27日)に限って大雪の空模様。。。
(那須と安達太良山で、雪崩による痛ましい事故が起きていたことを帰ってから知りました)


西田町の「梅の里」 雪が降りしきる中、最初に向かった所です
1万本以上もの梅の木があり、残雪の安達太良山を背景に
“西田の桃源郷”とも言われているそうなのですがー


DSC07145 - コピー - コピー - コピー DSC07144 - コピー - コピー - コピー  
DSC07140 - コピー

安達太良山は望めなかったものの
雪と同化した白梅、そして紅梅は雪とのコントラストが思いがけず綺麗でした

DSC07130 - コピー - コピー - コピー  
DSC07133 - コピー - コピー - コピー


次に行った所は、会津若松の 「鶴ヶ城」 (若松城)
大河ドラマ「八重の桜」の舞台になった、赤瓦の城
訪れるのは小学校の修学旅行以来です

DSC07180 - コピー

城は再建されたものですが、お堀や石垣は当時のまま

DSC07150 - コピー - コピー - コピー  
DSC07160 - コピー

雪を被った石垣や桜の古木・・・美しい♪
こんな景色もなかなか観られないかも、と思い始めてきました

DSC07168 - コピー

天守閣まで登りました

DSC07173 - コピー


最後は、南会津の 「大内宿」
江戸時代の宿場の町並みが残っています

DSC07188 - コピー - コピー  
DSC07193 - コピー

福島側から尾瀬に入る道筋にあり、ずっと前に2度ほど立ち寄っています
その頃は、茅葺きをトタン屋根に変えていた家々もありましたが
今はすべて茅葺きの屋根が立ち並んでいます

DSC07194 - コピー

ただ昨日は平日で大雪、ほとんどのお店は閉まっていました

DSC07200 - コピー - コピー

以前この蕎麦屋さんで、名物“高遠そば”を食べたことがあります
一本のネギを箸代わりにして、ネギもかじりながら蕎麦をすするのです

開いていた一軒のお店で、念願の“栃餅 トチモチ もゲットできました
前に来た時、つきたての餅を買ったのに
数日後に帰ったらカビが生えてしまっていて食べそこなっていたのです

DSC07278 - コピー

お土産用に、真空パックになっていました

仙台にもトチノキの並木道があり、秋になると大きな殻に入った実を落とします
食糧難の時に、何度もあく抜きして食べ物にしていたという
その渋味も香ばしいお餅です


実は、前日の夕方、福島の高速道で横転事故があり
大相撲の生放送中に、通行止めのテロップが流れてちょっと不安でした

なんやかんや、無事に帰ってこられて、よかったあ~


ブログ村の「手織り」ランキングに参加しています
ポチッ とクリックして応援してネ ルル


にほんブログ村
スポンサーサイト

| 福島紀行 | 15:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nana7lulu8.blog.fc2.com/tb.php/380-18470203

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT