ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

宮城産亜麻の繊維が糸へ布へ「由織染織房」千葉由香さんの取り組み(その1)

腱鞘炎をぶり返してからは、すっかり由香さんにお任せしている宮城の亜麻

由香さんは、繊維作りを工夫し、すでに糸にし、織物にしています

寒さが緩んだ一日、我が家のベランダで、その作業の様子を見せていただきました

由香さん、本当に天然の繊維が好きなんですね
大変で面倒な作業も、テキパキと軽やかにこなします


私が以前「浸水」していた亜麻の茎と
DSC05227 - コピー - コピー - コピー

前記事、「亘理農業普及センター」の庄子さんからいただいてきた砕いた亜麻の茎
DSC06622 - コピー (2) - コピー


3番目の 「梳く」 の工程の様子です

使った道具はこれら

DSC06715 - コピー  

由香さんが、板に釘を打って作った剣山です
DSC06718 - コピー - コピー

剣山を何度も通して、繊維に密着した外皮をこすり落としていきます

DSC06628 - コピー DSC06632 - コピー  
DSC06642 - コピー  
DSC06633 - コピー  
DSC06639 - コピー

残った細かな外皮は、櫛で梳く(荒目→細目)

DSC06649 - コピー (2) DSC06650 - コピー (2)

梳けば梳くほど、繊維に艶が出てくる

最後にカーダーで整える

DSC06680 - コピー  
DSC06689 - コピー

風にそよぐ、亜麻色の繊維
薄い金髪のように輝いています

DSC06667 - コピー DSC06652 - コピー

ルル自慢の尻尾より細くて軽やかだね

DSC06673 - コピー


梳き落ちて細かくなったものは
カーダーで不要物を除きながら整えると柔らかな繊維になります

DSC06700 - コピー DSC06701 - コピー  
DSC06705 - コピー DSC06710 - コピー


由香さんの意欲、工夫、技量に感嘆です!
由香さんだからこそ、短期間でここまで出来たと思います

彼女は、すでに宮城の亜麻を糸にし、織物も作っています

DSC06729 - コピー
右のコースター、全体は市販のリネンで織って、部分的に紡いだ宮城の亜麻を織り込んでいます (白い模様の部分)

今度、工房におじゃまして、亜麻の手紡ぎや織りの作業を見せていただくことになっています
ただ彼女は今月後半、山形酒田のデパートの催しに出品依頼があり、制作に追われているとのこと
一段落ついたらということで、楽しみです、わくわく♡

<ブログ内関連記事>
紡ぎのベテランがやってきた~ところが最後に。。。
いよいよ亜麻の繊維採取に挑戦♪~


ブログ村の「手織り」ランキングに参加しています
ポチッ とクリックして応援してネ ルル


にほんブログ村
スポンサーサイト

| 宮城の亜麻 | 15:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは。
インスタグラムで拝見したマットですね。
部分的に模様として使うというアイデア、参考になりました。
外での作業は気持ちよさそうですね〜。

| 季里 | 2017/02/13 17:03 | URL | ≫ EDIT

>季里さん

コメントありがとうございます。
由香さんが頑張っているので、私ものんびりしていられませんね。
私も宮城の亜麻を部分的に織り込んだ形での作品造りを考えています。
どんなふうに織ろうか、何を織ろうか・・・亜麻の手触りの良い織物を目指して思案中です。

| ルルママ | 2017/02/14 10:19 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nana7lulu8.blog.fc2.com/tb.php/372-203a6bce

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT