ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

亜麻の繊維採取2工程「亘理農業センター」での取り組み

リネン(亜麻)作りの大まかな工程は

1、浸水
種を取った茎を水に浸けて、繊維を分離しやすくする

2、茎をたたく
乾燥させた後、茎の外皮を砕き、繊維を取り出しやすくする

3、梳く
繊維以外の茎の不要物をこすり落とす


宮城県亘理町の「亘理農業普及センター」の庄子さんから
種を収穫した後の名取市の亜麻の茎を、浸水して乾燥させたとの連絡をいただき
「由織染織房」の千葉由香さんも一緒に、センターへ伺いました

DSC05572 - コピー

種の付いている上部を刈り取ったので、茎は短くなっていますね

DSC05573 - コピー


けっこう大変なのは、2番目の工程
パリパリになった硬い茎の外側を砕き割り、内側の繊維を剥がしやすくします

庄子さんが、倉庫からいいもの(園芸用シュレッダー)を見つけてきました

DSC05577 - コピー

繊維まで切ってしまったら、もったいない
その加減が難しい、何度か試みました

DSC05582 - コピー  
DSC05584 - コピー

歯車の噛み合わせをゆるく調節して、茎は2度3度と通してみました

DSC05579 - コピー  
DSC05581 - コピー

茎の間から、白い繊維がのぞいています

DSC05585 - コピー  
DSC05585 - コピー (2)

この状態の茎をいただいてきて、続きは由香さんがいろいろ工夫しました
次回UPします、必見です!



ちなみに、当別町の「亜麻まつり」で見てきた取り組みの様子です

「工房 亜麻音」の小野田由美さん
<ブログ内関連記事:「工房 亜麻音」さんの手仕事

DSC04897 - コピー (2) DSC04874 - コピー (10) - コピー


伊達市の三上さん
<ブログ内関連記事:亜麻(リネン)繊維採取体験

DSC04940 - コピー - コピー
DSC04944 - コピー


釜石のSさんは、ポキポキ茎を折って、手作業で繊維を引き出しているそう
<ブログ内関連記事:岩手釜石から「亜麻(リネン)の宝箱」が届きました

私の気持ちは、原点のようなSさんに寄り添っていたいと思います

少しを丁寧に♡


ポチッ と応援してネ ルル


にほんブログ村
スポンサーサイト

| 宮城の亜麻 | 06:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nana7lulu8.blog.fc2.com/tb.php/371-33f7f5ef

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT