ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

腹腔鏡下手術を終えて

CIMG1817.jpg

病院の先生の説明によると、傷口が小さいので痛みが少なく回復も早いということで、ルルに腹腔鏡下による避妊手術を受けさせました。

以前飼っていた猫がよくしていただいていたので、病院(アセンズ動物病院)には信頼を寄せています。

人間でも結石や小さな腫瘍を内視鏡による手術で取り、一泊か二泊で退院したという話は聞いていたので、動物の世界でも導入されたのだろうと思いました。
その後この手術を実施している病院はまだ少ないということを知りました。

先生の説明ではー
 ・ある程度の大きさ、体重が7~8キロ以上あること(ルルは7.95キロ)
 ・お腹に1か所は腹腔鏡用の小さな穴、あと2か所は数ミリ開ける(引っ張り出して切除しないので他の臓器の収まりも良いとのこと)
 ・手術時間は器具のセッティングに時間がかかるものの手術そのもの時間はそんなに変わらない
 ・費用は2万円ほど高め・・・ルルのためなら仕方ない

もしもの時は開腹手術に切り替えることもあると言われましたが、結果的にはそれもなく、これまでも一度もなかったとのことでした。

若い獣医師さんたちも数人いますが、この手術は院長先生しか行っていないそうです。

翌日迎えに行った時、ルルは私たちにピョンピョン跳び付いてきてました。
普通に歩いて、いつもの散歩のようにあちこちクンクンして、車には飛び乗りました。
帰宅してからも、ジャンプして転んだ時はこちらがハラハラしましたが、痛みはないようで拍子抜けです。
食欲も旺盛、いつもかじっている牛のひづめに夢中でした。

エリカラなしで包帯代わりの病院手作りの服を着せてもらっていました。
CIMG1814.jpg

CIMG1816.jpg
傷跡は、数センチおきに3か所。
縫うというよりは、糸でくくっているという様子。

一週間後に抜糸。
赤くつまんだような跡と数ミリの傷跡が2か所。
シャンプーは2.3日後ということで、4日後に洗ってあげましたが、跡はほとんど目立たなくなっていました。

腹腔鏡下手術は先生のおしゃる通り、ダメージの少ない手術だと実感しました。

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

| ルル | 10:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

腹腔鏡手術、ワンコに負担がなさそうで
いいですね。
ウチの近所では聞いたことがないです。
いい腕の先生が近くにいらっしゃると安心ですね。

手術着いいですね。
私もそんな物ないのかと探してみましたが
見つけられなかったので
傷にはよくないのかな~と思っていました。


| モカママ | 2012/09/30 16:08 | URL | ≫ EDIT

No title

>モカママさん

何の予備知識がないまま病院にお任せしましたが、この手術は十分なトレーニングが必要なのだそうです。
ペットにもやさしい医療が進んでいくようになるといいですね。

モカちゃんは2週間で訓練が再開できてのはすごいです。

| ルルマガ | 2012/10/01 09:51 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nana7lulu8.blog.fc2.com/tb.php/37-2a7be889

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT