ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

手紡ぎの練習を始めたけれど。。。

織りをする人には、素材や風合いを大切にする人と
デザイン(色や形)や組織の方に興味を持つ人がいるといわれます

以前織りをしていた頃、私はアート志向で後者のタイプ
糸を表現の手段としていました
市販の糸を使って、染めも目指す色が欲しいので化学染料が主

今回、亜麻と出会って、自分の欠けていたところを突かれた感じです
素材を大切にしていなかった・・・
織りに対する姿勢まで問われているような思いがします

糸紡ぎはきちんとしたことがないので、一から出直しです

編み物をしていて、糸も紡いでいるという方を訪ねて
スピンドルでの紡ぎ方を見せていただきました

DSC05514 - コピー  
DSC05524 - コピー

ターキッシュスピンドルというのを初めて見ました
玉巻に仕上がり、編み物には良さそうですね

DSC05516 - コピー DSC05519 - コピー
DSC05528 - コピー DSC05531 - コピー


帰ってからネットで調べると、スピパの後で、特に軽いスピンドルは売り切れ状態

良さそうだなと思って、私がネットで取り寄せたのはー

DSC06602 - コピー

「 タクリ 」

円盤が金属製ですが、小さくて軽くて、糸も細く紡げそうです
先ずはウールで練習です


亜麻の繊維も外国産のものが輸入品で入っているを知り、練習用に取り寄せました

DSC06603 - コピー

ビックリするくらい安い (左から2点はアナンダ、右下は金の羊)


紡ぎ車は何にしようかな~
片足ペダルにしようかな、両足がいいかなと検索していると、電動のものがありました
テーブルの上で紡げるそうで、楽な方がいいと思ってしまった。。。

さっそく届きました、電動スピナー

DSC05181 - コピー  
DSC05188 - コピー  
DSC05194 - コピー

ところが組み立て始めてみたものの、導き糸の掛け方がよくわからない。。。

DSC05193 - コピー

早まったかなあ。。。

しかし、またまた更なる出会いが待っていたのです


ポチッ と応援してネ ルル


にほんブログ村
スポンサーサイト

| 宮城の亜麻 | 11:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nana7lulu8.blog.fc2.com/tb.php/367-e3085e78

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT