ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

おはぎ&ぼたもち&ずんだもち

「花よりだんご」ならぬ「写真より食い気」のユウ。
食べ終わってから「ああ~写真撮るのを忘れた」がしょっちゅう。

今回もおはぎ作りの講習会に参加したのに写真はこれだけ。
CIMG1613.jpg

CIMG1616.jpg CIMG1615.jpg
半殺しのご飯にちょっとした工夫をし、胡麻も擦りたてとちょっとした手間をかけたらー

うま~~い! あんこは絶品。
味の違いを知ってしまったら丁寧に作ってみたくなりました。
暑さでスピード料理ばかりでしたが、涼しくなってきたのでたまにはスローフードといこうかな。

さておはぎとぼたもちの違いですが、季節の花にちなんでいて、春彼岸には「牡丹餅」、秋彼岸には「御萩」からきていることは知っていたのですがー

ちょっと調べてみると、夏は「夜船」、冬は「北窓」という呼び名もあったそうです。
おはぎは餅つきのように音を出してつかないので「つき知らず」から・・・夏は「着き知らず」で夜が暗くて船がいつ着いたのかわからないから「夜船」(よふね)、冬は「知らず」月が見えないのは北の窓だから「北窓」(きたまど)
風流ですね。

おはぎのあんは収穫したての小豆を使うので粒あん、ひと冬越すと豆が固くなるので春は漉しあん。
おはぎは香り良い新米を半殺しにするのに対して、ぼたもちは餅に近くまでついたとも。
また牡丹の花はつるりとしているので漉しあん、おはぎは萩の花に見立てて粒々だという説も。
今では改良されて豆は固くならないし、季節感も薄れてきて、年中通して粒あんのおはぎとして出ていますね。

う~ん、おはぎ一つでも深い。

私は粒あんより、漉しあんが好き。
昔、母が小豆を煮て布の袋に入れ水の中でしごいていたのを思い出します。
水に出たほうを煮詰めたのが漉しあん。
私は一度も作ったことはありません。
母が存命の頃になぜ教えてもらおうという気持ちが起きなかったのでしょう。
今では母の手書きのレシピノートが私の宝物です。

先日、日本人と結婚して仙台に住むタイ人女性のお宅を訪ねた折、日本には四季があるのが素晴らしい、緊張感を持って生活ができると話し、秋支度に取り掛かっていました。

同じ気温でも春と秋では風情が大違い、日本の衣食住の暮らし、伝統文化は感性豊かで細やかですね。
日本に生まれてよかったといえるかも。まだまだ知らないこと、知らない所がたくさんあります。

こちらは仙台名物「ずんだもち」
CIMG1695 - コピー
ずんだは「豆打」、茹でた枝豆をつぶした風味豊かで舌触りのいい甘いあんです。
仙台でも美味しいと評判の餅屋や団子屋さんはお昼には売り切れます。

食欲の秋、到来!
CIMG1501.jpg
ルル:「ボクだけダイエットさせて、自分だけ食べ放題なんてずるいよ!」
ルーちゃん、それだけは言わないで!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ルルは今日午前、抜糸しました。
すこぶる元気です。
赤くつまんだような跡が3か所あります。
腹腔鏡下手術の体験談は後日upできたらと思っています。

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| foods&cooking | 20:14 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

ルルちゃん、もう抜糸されたのですね。
うちは2週間後になりますが、散歩は解禁になってます。

ずんだは美味しいですね。実は私は甘いものが苦手。特に餡子や羊羹の類は苦手で。。。
でもずんだは美味しく頂けます。

| えりす新一 | 2012/09/26 00:05 | URL |

No title

美味しそうですねールルちゃんのブログは自然のものが一杯で、五年生の息子がルルちゃんのブログをよんだ時は私に知らせてきます。
先日はガマガエルの話に食いつき、ルルちゃんの話をしておりました。
息子の愛用する危険生物図鑑の中にガマガエルの毒の話が書いてあったそうで、ルルちゃんの身を案じておりました。
いつも家族で楽しませてもらっています。

| アルママ | 2012/09/28 18:44 | URL |

No title

>えりす新一さん

私は甘いものは別腹でケーキから大福まで大好き・・

エルザちゃん、無事手術が終了し、元気を取り戻してよかったです。

ママさん大忙しですね。

ぴよぴよちゃん、合唱と学業の両立、頑張っていってください。

| ルルマガ | 2012/09/29 09:11 | URL | ≫ EDIT

No title

>アルママさん

カエルの毒にはあせりましたが、事なきを得ました。
人間でも気を付けなくてはいけないそうですね。

息子さん、アルくんが来てから世界が広がったのではないでしょうか。
私もルルの散歩などで自然観察や四季の変化を楽しんでいます。

| ルルマガ | 2012/09/29 09:19 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nana7lulu8.blog.fc2.com/tb.php/36-7da95611

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT