ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

岩手釜石から「亜麻(リネン)の宝箱」が届きました~♪

「亜麻まつり」 には、前日空路で札幌入りし、当別町に宿を取りました
その旅館で、ご一緒になった方が、S さん です

S さんも「亜麻まつり」のために 岩手県の釜石市 からはるばるやってきていました
ご主人と二人で、新幹線や在来線を乗り継いで、10時間も掛かったとか
夕食後、食堂で、お話が弾みました

翌朝は、7時の開始に、タクシーを乗り合わせて会場に向かい
亜麻の糸紡ぎや繊維採取体験をしたり、亜麻畑を見に行ったり・・・

ところがS さんご夫婦は、その日のうちに釜石まで戻らなければならないからと
ナント午前10時前には、当別を後にされたのです


後日、その S さんから、宅急便が届きました

DSC06536.jpg

箱には、岩手の文字と♨マーク
中味は、“温泉まんじゅう” かなあ~

開けてビックリ! 

DSC06540 - コピー

S さんが採取した 繊維 と 紡いだ糸 と 織った布
亜麻尽くしです
感動! 感動!


DSC06544.jpg
S さんが、庭で種から育てた亜麻から採った繊維

DSC06542 - コピー
手作りのスピンドルですよ
円盤が段ボールで出来ているー
繊維は、手作業で茎から抜いているのでたくさんはできないそうです

DSC06541 - コピー (2)
卓上機で織ったという布

なんて素朴で、なんて風合いのある糸と布でしょう


~ S さんと亜麻との出会い ~

S さんは、花を育てるのが趣味で
数年前、ワイルドフラワーという種の袋を取り寄せました

袋の中には、13種類ほどの種が入っていて、
花を咲かせてみたら、その中に 青紫色した花が二輪 咲いたそうです

それが 亜麻の花 でした

種を採って、翌年増やしてみたら
青い花々の中に、高さが1m40cmもある、白い花が咲き
説明書には 亜麻の花を繊維用に 改良したものだと書かれていたそうです

いろいろ調べているうちに
茎から繊維から採れ、繊維を紡いで糸ができることを知りました

彼女は、紡ぎも織りもやったことがなく、道具もありませんでした
本やネットを見たりして
全くの試行錯誤で、ここまできたのです

世界最古の繊維といわれる亜麻(リネン)の、原点のような品々
心と工夫がいっぱい詰まって、S さんの一途さが伝わってきます

東北、それも共に被災地・・・

下は釜石で被災された方たちが作っている小物入れに
S さんが亜麻の糸でかぎ針編みしたモチーフを飾りに付けたもの

DSC06538 - コピー


その後も、いろいろアドバイスをしていただいたり、送っていただいたりー
東北の亜麻の先輩として、頼りにし、励みになっています


亜麻の花言葉は、優しい言葉
“ 感謝 ”

今年は、亜麻を通して新しい出会いがあり、幸せな年となりました
来年も一緒に亜麻を楽しんでいきたいと思います


ぽちっと応援してネ ルルより


にほんブログ村
スポンサーサイト

| 当別町の「亜麻まつり」 | 16:33 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめまして~
素晴らしい出会いに感動しました。
何と、こちらに書かれているSさんは私の親友です。
先ほど電話が来て是非こちらにお寄りするようにと伝言頂きました。
Sさんの影響で私も亜麻の花の大ファンになりました。
でもせいぜい繊維を採る処までで、なかなか作品として作れません。
ルルさんの事は、北海道旅行の時に素晴らしい出会いがあったという事を何度も聞いております。
素敵なブログのお部屋に訪れることが出来ました。
これをご縁にまた寄らせて頂きます。
有難うございました。
(私は写真を撮る事が趣味でSさんには協力してもらっています)、

| larala | 2016/12/30 19:46 | URL |

>laralaさん

ご訪問いただき有り難うございます。
Sさんとの出会いはホント運命的でしたよ。
世界最古の繊維・亜麻の原点のような作品にも感動しました。
Sさんは研究熱心なので、とても励みになっています。

laralaさんは写真がご趣味なのですね。
(私は記録写真止まり・・・)
これから共に亜麻を楽しんでいけたら嬉しいです。

| ルルママ | 2016/12/31 09:08 | URL | ≫ EDIT

あけましておめでとうございます🎍

亜麻を通じて 新しい出会いや素敵な出会いがあって感激ですね。
亜麻で織った品も趣も風味もあり 素朴ですね。

今年も宜しくお願い致します。

| えりす新一 | 2017/01/04 01:03 | URL | ≫ EDIT

>えりす新一さん

再び織りの世界に入るとは考えていませんでした。
やはり出会いですね。
以前の織りの中で、自分に欠けていたピースを埋めていっている感じで、また違った新鮮味があります。

今年はどんな年になるのやらー
こちらこそ宜しくお願いします。

| ルルママ | 2017/01/05 06:22 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nana7lulu8.blog.fc2.com/tb.php/356-d8758c5c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT