ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

昨年の高野山(開創1200年)

<大門>
P1010529 - コピー - コピー P1010528 - コピー - コピー


<檀上伽藍>

中門
DSC02094 - コピー  
DSC02097 - コピー

金堂
P1010494.jpg

六角経堂 と 西塔
P1010506 - コピー P1010511 - コピー

御影堂 (右後方に“三鈷の松”
P1010522 - コピー

根本大塔
P1010520 - コピー

蓮池
DSC02103 - コピー


<金剛峯寺>

DSC02067 - コピー

正門
DSC02086 - コピー

大玄関
P1010483 - コピー

天水桶
P1010484 - コピー (2)  
P1010476 - コピー

鐘楼
DSC02084 - コピー


<奥の院>

中の橋
DSC02056 - コピー (2)

諸大名墓石群
DSC02062 - コピー

弘法大師御廟
P1010468 - コピー


<レンタル音声ガイド機>

途中で気付いたのですが、要所要所の史跡に数字がふられた小さな表示板がありました
¥500で音声ガイド機を借りると、その場所で説明案内が聞けるそうです
私たちは通り一遍に見て回りましたが
歴史やいわれを知れば、もっと理解が深まるだろうと思いました


<宿坊>

三泊四日で今年5月に高野山に行ってきたという友人から話を聞く機会がありました
三泊とも高野山にある宿坊に泊まってきたとのこと

高野山では、ナント52の寺院 が宿坊を営んでいて
それぞれに特徴があるようです

彼女が泊まった宿坊は、朝のお勤めは自由参加で、写経や阿字観(瞑想)は無料
お部屋も個室タイプで、精進料理も美味しく、お酒も自由に注文できたとのこと
若いお坊さんがお料理を運んで、お布団も敷いてくれたそうです

中2日の間、真田昌幸・幸村父子が蟄居した 蓮華正院(宿坊)を見学したり
女人禁制だった高野山参道の入口にある女性のための参詣所
女人堂 まで6km歩いて行ったりしたそうです

宿坊に泊まって、高野山にどっぷり浸るのもいいですね


スポンサーサイト

| 紀伊半島紀行 | 15:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nana7lulu8.blog.fc2.com/tb.php/339-535133f1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT