ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

本州最南端・道の駅「くしもと橋杭岩」&「無量寺」

DSC01478.jpg

DSC01479 - コピー

橋杭岩の麓にある道の駅、施設はモダンな建物で、新しく清潔でした
2階からは、橋杭岩が見渡せます

DSC01495 - コピー

橋杭岩は、奇岩が橋の杭のように並んでいるので名付けられそうです

DSC01484 - コピー

道の駅のイラストにあるように弘法大師が、天邪鬼(あまのじゃく)と賭けをして
向こうの島まで橋を架けようと、一夜で築いたという伝説が残っていますが・・・

P1010361 - コピー

P1010367 - コピー

DSC01526 - コピー

そびえ立っている部分は、1400万年前のマグマで出来ているそうです

DSC01500 - コピー

朝早く、人も疎らだったので、ルルのリードを持つ手を離してあげました

P1010380 - コピー

DSC01506 - コピー

DSC01511 - コピー


次に訪ねたところは、同じく串本にある無量寺
日曜美術館で紹介されていた、長沢芦雪 ながさわろせつ の襖絵を観るためです

DSC01612 - コピー DSC01608 - コピー
お寺と、境内にある 応挙・芦雪美術館
当初、京都の丸山応挙に襖絵を依頼したが都合が付かず
弟子の長沢芦雪が長期滞在して描き上げたという

お寺と美術館には、実物大のレプリカが飾られていて
本物(重文)は、別な建物に厳重に保管されていて鍵を開けて見せてくれます

龍と虎が対峙した大迫力の墨絵、写真はNGなのでパンフレットから

DSC05435 - コピー

スポンサーサイト

| 紀伊半島紀行 | 00:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nana7lulu8.blog.fc2.com/tb.php/333-0a688be6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT