ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

世界遺産「熊野速玉神社」「神倉神社」「補陀落山寺」

あまりに美しくて、魅入ってしまった 熊野川
ここにとどまって、ずっと見ていたかった~

DSC01230 - コピー

昔は、参詣者たちが大斎原から、小舟でこの熊野川 を下り、向かったという
「熊野三山」二つ目、熊野速玉神社 くまのはやたまたいしゃ (新宮市)へ

DSC01237 - コピー

DSC01264 - コピー

DSC01273 - コピー 

熊野本宮大社と比べると、色鮮やかです

DSC01242 - コピー DSC01248 - コピー
DSC01263 - コピー DSC01266 - コピー

千木の先端を見ると、御祭神の
左が熊野夫須美大神 くまのふすみのおおかみ=イザナミノミコト
右が熊野速玉大神 くまのはやたまのおおかみ=イザナギノミコト
DSC01279 - コピー

ルル、手水舎の前で (ここも神門の前までワンコ入れます)
DSC01250 - コピー DSC01252 - コピー

DSC01288 - コピー 樹齢千年、御神木のナギ


続いて、神秘的な 神倉神社

DSC01316 - コピー

この山の上に神社があり、最初に神が降臨した場所だそうです

DSC01295 - コピー

ワンコ✕なので、カズだけ登って行きました

P1010323 - コピー - コピー

538段ある急な石段は お燈祭り で有名です
白装束の男たちが、松明を持って一気に駆け降りるという豪壮なお祭り
新宮出身の作家、故・中上健次が 「火まつり」 と呼び、本にしています

P1010302 - コピー

P1010311 - コピー

頂上には 「ゴトビキ岩」 と呼ばれる大岩があり、神が鎮座しているという

P1010309 - コピー P1010308 - コピー

山の上からは、新宮市街が見渡せます
P1010313 - コピー


次もユネスコ世界遺産の 補陀落山寺 ふだらくさんじ

DSC01322 - コピー DSC01323 - コピー

平安時代、遥か南の海にある 補陀落 という浄土を目指して、帰らぬ旅に船で出発したという

DSC01320 - コピー


補陀落山寺のそばにあった 出羽三所大神社
ここの クス の木は、推定樹齢800年とのこと

DSC01324 - コピー DSC01325 - コピー


次回は、いよいよ熊野古道を歩いて、那智の滝のある 「熊野三山」三つ目、熊野那智大社へ

DSC01335 - コピー


スポンサーサイト

| 紀伊半島紀行 | 13:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nana7lulu8.blog.fc2.com/tb.php/331-2da44cc0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT