ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

亜麻との出会い(2) 復興の宮城の亜麻

送っていただいた 亜麻の種は、宿根草と一年草の二種類

DSC06105 - コピー

宿根草は花を楽しむ鑑賞用で
油と繊維が採れるのは、一年草(左の方)なのだそうです

札幌で亜麻を広める活動をしているRINGあまいろという喫茶店の女性オーナーさんから
便箋三枚ものお手紙が添えられて種が届いた時は、とても嬉しかったです

ところが・・・

DSC04749 - コピー
DSC04785 - コピー

宿根草はポチョポチョ、一年草のほうはヒョロヒョロ 、花もちっちゃい

DSC04753 - コピー
DSC04755 - コピー
DSC04789 - コピー (2)

これでは糸を取るなんて、個人の素人ではとても無理だとあきらめていたところ
地元紙の河北新報(6/12)に、こんな記事を見つけたのです

DSC06095 - コピー - コピー - コピー

思い切って、センターの庄子さんに電話をしてみました
種を刈った後の茎は、そのまま細断して畑の肥料にしているのだそうです
庄子さんも糸が取れるのは知っていたが、やり方がわからない、挑戦してみたい、とのこと
それでしたらと、長い茎のまま少し分けていただけることになりました

おー、材料が手に入ることになったぁ~
でも実際に、糸にする方法なんてわからな~い

種を送っていただいた所に聞いてみると
当別町「 亜麻まつり 」 糸紡ぎの体験ができるとのこと
趣味の織りから遠ざかって数年、新たなモチベーションで再開出来るかもしれない
この偶然が何か天の配材のように感じられたのです

カズも、ルルと留守番しているからと、快く送り出してくれました
(カズは、私に織りを続けてほしいと願っていたのです)

今年の 「 亜麻まつり 」7月10日(日)
一泊の予定で、亜麻まつりの前日、空路、札幌に入りました

DSC06083 - コピー

DSC06091 - コピー

< 続く >

復興の宮城の亜麻に、応援のクリックをお願いします
⇓ ⇓ ⇓
スポンサーサイト

| 亜麻との出会い | 05:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nana7lulu8.blog.fc2.com/tb.php/330-0ba5365e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT