ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

紀伊半島までvol.2岐阜「養老天命反転地」

岐阜県養老町にある 「養老天命反転地」 は、
現代美術家、故・荒川修作 と、パートナーの詩人マドリン・ギンズ(一昨年没)
既成概念を崩そうと構想し、創造したアート空間です
(1995年開園というから、もう20年以上経つのですね)

そこは養老の滝から続く、濃尾平野が見渡せる丘陵地に開けた広い養老公園にありました

DSC00433 - コピー

入場料750円、ワンコは✕なので、カズと交替で見学することにしました

DSC00497 - コピー
私がお先することになり、残るルルとベンチに座るカズ


DSC00454 - コピー DSC00455 - コピー

広いフィールドには不思議な建造物が点在していました

DSC00480 - コピー

この建物は内部も24色とカラフル

DSC00478 - コピー DSC00479 - コピー
DSC00466 - コピー DSC00469 - コピー

天地を反転させると
DSC00476 - コピー

DSC00476 - コピー - コピー
床が天井なのか、はたまた天井が床なのか

平衡感覚を失うような仕掛けがいっぱい
DSC00495 - コピー (2)
DSC00491 - コピー
DSC00522 - コピー
DSC00517 - コピー
P1010022 - コピー

常識的な見方や考え方に一石を投じて
世界的に活躍した、荒川修作さんもすでに鬼籍に入った

DSC00526 - コピー
DSC00526 - コピー - コピー

醜も美である、とか、自ら作ったものを破壊してみせるパフォーマンス、とか
現代美術もコンセンプチャルアートもやり尽くされた感はある
時代は変わってしまったのだろう、あの頃の熱気は今の日本にはない


ルッちゃん、お待たせ!
P1010042 - コピー

P1010038 - コピー


スポンサーサイト

| 紀伊半島紀行 | 05:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ルルマガさんが「行って来ます」と入場した時のルルちゃんの表情と、戻って来た時の表情の差が良いですね~
こんなに広い所だと 結構時間も要したのではないですか?

現代アートは良くわかりませんが 不思議な世界に連れて行かれる感覚はわかります~
不思議の国のアリスみたい~~~

| えりす新一 | 2016/07/21 09:49 | URL | ≫ EDIT

>えりす新一さん

ワンコ連れだと制約ありますね。「天命反転地」はまさに「不思議の国のアリス」の世界、でも駆け足で廻ったので消化不良でした。養老の滝から養老公園まで、「こどもの国」などもあり、大人から子供まで一日がかりで遊べるところのようです。

宿根草の亜麻の種は一年目は花は咲かないだろうとのこと。でも二年目三年目は株が大きくなって花も咲き、こぼれ種で殖えていくそうです。食べられる種や糸は一年草ですが、差し上げたのは宿根草の種で、花も大きくなる観賞用だそうです。横浜は暖かいので難しいかもしれませんが、また挑戦してみてくださいね。

| ルルマガ | 2016/07/22 09:18 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nana7lulu8.blog.fc2.com/tb.php/321-b0195612

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT