ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「トトロの木」山形県鮭川村でお買い物&「板そば」

鮭川村の “トトロの木”

隣りの県ながら名も知らなかった奥まった村で
宝物を見つけたような気持ちです

DSC03167 - コピー DSC03196 - コピー

帰ってからネットで知ったのですが、“トトロの木” の本名は 「小杉の大杉」 (小杉は地名)

そしてナント 「死ぬまでに行きたい世界の絶景<日本編>」
一つに選ばれているのです

DSC03127 - コピー


ところで、鮭川村には、どんな用事で出かけたか、というと
カズが庭の隅っこで家庭菜園を始めて、その 堆肥 を買い求めに行ったのです

ここの堆肥は、果物の皮などで作った 植物性 のものなのだそうです
東日本大震災の後3年間、被災地に無料で分けてくれていて
有料になってもここの堆肥が良いので使っているという方からのお薦め
でも送料の方が高くつくので、ドライブがてら出てきたという訳です
我が家からは、一般道で2時間半くらいで着きました

DSC03121 - コピー DSC03122.jpg

カズは、3年分にと、80kg 購入しました
(というこは、3年後、また “トトロの木” に会える!)

この堆肥で栽培したお米や大豆、その加工品も販売していました

DSC03118 - コピー

胚芽が他のお米より大きいという 玄米 を買ってきました
(まだ食べていませんが、我が家ではたまに玄米を炊いています)

また2月限定で “生麹” を販売しているそうなので、
来年は、ここの大豆と生麹を取り寄せて、味噌 を手作りしてみようと思っています


DSC03197 - コピー (2)

村の名になった 鮭川 は最上川の支流で
が遡上し、秋には、鮭のつかみ取りなどのイベントも行われているそうです
キャンプ場や公園、湿原もあるようですよ

産直のお店に寄りました
DSC03203 - コピー DSC03202 - コピー

時期的に鮭はありませんでしたが
食用ほおずき が気になりました
子どもの頃、ビービー鳴らしたあのほおずきは、とても食べられなかったけど・・・
どんな味がするのだろう?
これも時期でないので生はありませんでした、加工品を買ってきました

DSC03214 - コピー

ほおずきのシャーベット&ロールケーキ

DSC03220 - コピー

冷凍でしたが、保冷パックに入れてきたら、帰宅した頃にちょうど食べごろ
シャーベットは、濃厚な甘酸っぱい味で美味しかったです
季節になったら、生の食用ほおずきも食べてみた~い!


そして山形に来たからには、板そば!

鮫川村にある手打ちそば屋さんは、あいにくこの日はお休み
産直のお店の方に、近くのおそば屋さんを紹介していただきました
そのそば屋は、鮭川村を出て 新庄市 に少し入った所にありました

DSC03213.jpg 「手打ちそば 庄司」

私が注文したのは 「鴨板」の合い盛りそば

DSC03210 - コピー

暖かい鴨南蛮のつゆに
昔風の太く固い茶色の蕎麦と、今風の細い蕎麦の盛り合わせ

DSC03212 - コピー
食べ比べたけれど、やっぱ山形の「板そば」というと、太く固い蕎麦だね~(感想)

堆肥 の買い出しに来たのに、思いがけず充実した short trip になりました
カズのミニ菜園はどうなることやら・・・

スポンサーサイト

| 山形紀行 | 06:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nana7lulu8.blog.fc2.com/tb.php/306-9688c110

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT