ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

秋、木の実と「東北大カラス」

鱗雲。いつのまにか高い秋の空。
CIMG1455.jpg

朝の散歩の道すがら、木通(あけび)の細い木を見つけ。
目を凝らして探すと、あったー、木通の実、一個だけ。
熟すまで他の人に取られませんように。
CIMG1270.jpg

団栗(どんぐり)くん、君は青いうちに落ちてしまったね。
CIMG1349.jpg

栗の木には毬(いが)栗が。
ルル、くわえて遊んでいます。
棘はまだ痛くないのね。
CIMG1523.jpg CIMG1343.jpg
 
たわわな胡桃(くるみ)の実。
昔、丸のまんま煮出して染液を作り、糸や布を染めたっけ。
媒染なしで手軽に染めることができます。
CIMG1359.jpg

胡桃と言えば、「東北大カラス」

10数年前、NHKのニュースで映像が放送され話題になりました。
東北大学植物園前から青葉城隅櫓(すみやぐら)に抜ける道端に大きな胡桃の木があり、一羽のカラスが胡桃の実を道路に運び車に轢かせては中身をついばんでいました。

頭がいいから「東北大カラス」

胡桃の木の先に信号機があり、赤信号で止まった時何度も目撃しました。
でもかなり離れたところでも同じような行為をするカラスを見ていました。
やはり全国から反響があり、目撃談が寄せられたのです。

日本のカラスにはハシブトカラスとハシボソカラスの2種類あり、胡桃割りをするのは体の小さいハシボソカラスで、体力面を知恵でカバーしているとの説も。

先日、絶滅種と絶滅危惧種が発表されました。
カラスはずる賢く適応能力があるので生き延びてきたのですね。

そういえば、ルルちゃんは猫に遭遇してもだだ見ているだけなのに、路上にカラスやスズメがいると猛ダッシュします。
コイケルの先祖はカモ猟の猟犬、ルルもそのDNAを受け継いでいるのでしょう。

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| ルル | 11:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nana7lulu8.blog.fc2.com/tb.php/30-2beaee94

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT