ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「札幌芸術の森」

札幌郊外の緑豊かな自然の中に 「札幌芸術の森」 がありました (ワンコの入場✕)
森の中には、内外の現代作家による彫刻が、74点も展示されていて
そのほとんどが、作家自ら現地に足を運び、創作したものだそうです

P6070886 - コピー P6070889 - コピー
エントランスにあるアーキテックなモニュメント彫刻(左)&階段に映る影もアート(右)


P6070890 - コピー


丘の斜面を登って行くと、自然の風力でヨットの帆のように動いている作品
P6070775 - コピー

森の中にいざなうかのような彫刻
P6070776 - コピー

ボランティアガイドさんをお願いして、案内していただきました

P6070808 - コピー P6070858 - コピー



ゲートをくぐると、ここから一角は、「隠された庭への道」と題されたスペース

イスラエルの彫刻家ダニ・カラバンが、7年の歳月をかけて完成したそうです

P6070784 - コピー P6070788 - コピー  
P6070793 - コピー  
P6070789 - コピー P6070792 - コピー

全長300m、“日時計” や “円錐の造形物” や“ 瞑想の庭 ”が配置され

自然の沢を利用して、“7列の噴水” や “蛇行する水路” も造られています

P6070795 - コピー P6070798 - コピー  
P6070804 - コピー  
P6070800 - コピー P6070807 - コピー

どこか神秘的で、宇宙的
緑の中で、心が澄んでいくような空間でした




抽象彫刻は、光や背景で様々に表情を変えます
P6070827 - コピー P6070828 - コピー  
P6070821 - コピー

空に落書きしたような作品
P6070848 - コピー


次の具象彫刻は、ノルウェーのグスタフ・ヴィーゲランの作品
オスロには、彼の200点余りの彫刻で構成された公園もあるのだとか
P6070834 - コピー P6070842 - コピー  
P6070835 - コピー


ステンレスの鏡面に風景が映し出されて、実と虚が入り混じって見える作品
P6070873 - コピー  
P6070881 - コピー


敷地がとても広くて、2~3時間では巡りきれませんでした
この森は、訪れる度に新たな気付きがあり、感じ方や癒され方が違うだろうと思う
再び訪れて、彫刻と対話したい森です

続・北海道紀行26 ( H27.5.30~6.10 )
つづく

スポンサーサイト

| 続・北海道紀行 | 19:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

造形に興味がある方には本当に素晴らしく素敵な空間ですね。
絵画と違って自然との融合が出来るから色々な光や彩、気温など全て毎日毎時間違う楽しみがあるから素敵ですよね。
私は絵画派ですが ルルマガさんと一緒に歩いたら楽しそうです。

前更新の内容と言い とても「格調高く」←本家本元(笑)
それなのに温かさに満ち溢れていたのはママさんのお人柄ゆえですね~

楽しませて頂いてます
あっ 本家じゃない(コソコソ)格調高いブログも楽しいです!

| えりす新一 | 2016/03/26 08:37 | URL | ≫ EDIT

>えりす新一さん

旅行記というより、もはや回想ですね。
でも写真を見直すと、鮮やかによみがえり、また旅行している気分になります。

各地で美術館巡りをするのも楽しみの一つなのですが、ワンコ連れだとゆっくりできないのが難点です。
ワンコブログで格調高いというと(コソコソ)、本家にはかないませんね。

| ルルマガ | 2016/03/29 09:32 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nana7lulu8.blog.fc2.com/tb.php/296-ec215945

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT