ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

廃校の美術館「アルテピアッツァ美唄」vol.1校舎編

数年前、Eテレの「日曜美術館」で紹介されていました
それ以来、訪れてみたいと願っていた美術館です

P6060670 - コピー  
P6060678 - コピー  
P6060673 - コピー P6060676 - コピー


美唄 びばい は、かつて炭鉱で栄えた町でした
閉山に伴い、廃校となった小学校が、今アートの空間として生まれ変わっています
それが 「アルテピアッツァ美唄」 です


校庭には、木造りの遊具がありました
P6060667 - コピーP6060668 - コピー

旧校舎の一階は、現在、市立幼稚園になっています
P6060677 - コピー  
P6060617 - コピー  

幼稚園のエントランスに、丸みのある白いつるっとした石が置かれていますよ

P6060619 - コピー P6060615 - コピー 
これはアート、彫刻作品のようですね・・・・・不思議! 
子どもたちは毎日、触ったり、乗っかたりしているのかな

P6060618 - コピー


2Fがギャラリーになっています
階段の上り口から彫刻が設置されていて、空気感ががらりと変わる・・・

P6060609 - コピー P6060608 - コピー

2Fに上がると、昔なつかしい木造りの廊下
P6060575 - コピー

教室の中に入ってみるとー
P6060577 - コピー


これらの彫刻はすべて 安田侃 かん さんという方の作品です

安田侃さんは、この美唄市出身、1945年生まれ
芸大大学院に進み、イタリアに渡り、創作活動をしている彫刻家です

大理石の抽象的な作品ですが、
原初的で、どこか温もりが感じられます

P6060579 - コピー

P6060581 - コピー

P6060582 - コピー

P6060588.jpg


木枠のガラス窓から外を眺めると、校庭から続く裏山が清々しい

CIMG0404 - コピー

CIMG0415 - コピー

P6060586 - コピー

次は外の作品を見て回ることにしましょう

続・北海道紀行21 ( H27.5.30~6.10 )
つづく

スポンサーサイト

| 続・北海道紀行 | 06:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

幼稚園がとても可愛らしくて素敵ですね。
ここの園児は自然に造形に触れられて良い環境で育ちますね。

二階のギャラリーは、懐かしいような遊びたくなるような空間で私も見てみたいです。

| えりす新一 | 2016/02/10 21:59 | URL | ≫ EDIT

>えりす新一さん

この芸術空間は、日本でも稀有な場所だと思います。
一人の彫刻家の個人美術館ですが、市営のようで入場無料。
幼稚園の木の遊具もセンスが良くて、アートの持つ力のようなものを感じました。

| ルルマガ | 2016/02/12 09:11 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nana7lulu8.blog.fc2.com/tb.php/291-5c7168cc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT