ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

キャンピングカー「利尻島」に渡る!

P6010017 - コピー

最北の離島は、フェリー代、ガソリン代、レンタカー代、タクシー代が日本一高いところでした

車は道の駅の無料の駐車場に置いて、フェリーは人だけ渡り
島内はバスかレンタサイクルで周るのが一番安上がりなようです

フェリーはワンコ連れの場合ケージに入れればOK、ただし船室内✕、デッキに置くとのこと
島ではレンタカーで周って、泊まる時はペット同伴OKの宿もあるようです

初め、車を置いて、ルルは稚内のペットホテルに預けて行こうと考えて
調べてみると、稚内にはペットホテルが一軒だけありました
でも、ルルがしのびなくてー

いろいろ逡巡した結果
ええーい、フェリー代が少々高くても、ルルを連れて車ごと渡ちゃおー
ということになりました

しかし、また難題がー
問い合わせてみると、なんと2島とも、キャンプ場はワンコ連れ侵入禁止
でも公園があちこちにあるので、どこにでも泊まれますとのこと
よくわからないけど、行っちゃえー

稚内港→利尻島(鴛泊港)→礼文島(香深港)→稚内港

3航路でフェリー代が、ウチの車の大きさで51.230円 (前払いで割引あり)
結果的に利尻に2泊、礼文に1泊したので、宿代とレンタカー代を考えると
キャンピングカーに泊まり自由に動けて良かったと思います


稚内港フェリーターミナルを出発
CIMG9151 - コピー  
CIMG9154 - コピー 

利尻島まで、片道1時間40分、荒波で船はかなり揺れました
行きは、私たちは船室、ルルは天候が悪かったので車内留め置きにしました
(礼文行きと稚内への帰りは、ルルと一緒に私たちも車内に残りました)


鴛泊港に到着 
CIMG9847 - コピー

フェリーターミナル内の観光案内所で、地図やパンフレットをもらいました
観光がメインなので、とても親切です
3割増し商品券も購入しました

CIMG9675 - コピー

私が説明を聞いている間、カズは波止場でルルを散歩させていました

さあ、いよいよ観光に出発!
天候はいまいち、百名山の利尻山は雲間から顔を出してくれるかな~

(ちなみに、利尻島には飛行場があって、札幌から1日1往復しているそうです)

< 続・北海道紀行8 ( H27.5.30~6.10 ) つづく

スポンサーサイト

| 続・北海道紀行 | 13:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

車の運搬費が想像以上に高くて絶句しました。
離島の物価が高いのは仕方がないですが 乗船費も高いのですね。

利尻富士が「白い恋人」のモデルの山だと知ったのは利尻島に行ったからです。

| えりす新一 | 2015/11/27 21:30 | URL | ≫ EDIT

>えりす新一さん

この時期、礼文島でしか咲かない“レブンアツモリソウ”を見にいったのですが、利尻島は思っていた以上によい所でした。
利尻富士は「白い恋人」のモデルなのですね。山には登ったのですか?
私たちは山には登りませんでしたが、2泊して島も2周したので盛り沢山、どこからまとめたらいいのか頭を痛めているところです。

| ルルマガ | 2015/12/01 05:14 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nana7lulu8.blog.fc2.com/tb.php/276-67c97601

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT