ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

稚内(3)宗谷の海

無題 - コピー (7)


稚内市街地から日本最北端の 宗谷岬 まで、海岸沿いを走りました

CIMG9072 - コピー (2)

宗谷の海は、濃く深い藍色
北の神秘を感じさせつつ
心の深層にまで響くような色です

CIMG9075 - コピー - コピー


いちばん北の 宗谷岬 に到着しました
P6010034 - コピー
 

吹き飛ばされそうな強風の中、記念撮影
CIMG9087 - コピー (2) P6010036 - コピー (2)

間宮林蔵 さんの像CIMG9090 - コピー

歴史の授業でちょっと習っただけですが、江戸時代に、この宗谷の海を渡り
樺太を探検して、間宮海峡を発見したとは凄いことですね


市街地に戻り、次は西の ノシャップ岬
P6010024 - コピー

(左) 「稚内灯台」 は、道内一番 (国内でも二番目) の高さ
P6010012 - コピー P6010031 - コピー (2)

西の海の向こう、かすかに 利尻島 が浮かんでいます
P6010027 - コピー


稚内公園 は、市街地の裏手の高台にあり
下の町からも見えていた塔は、北方記念館の展望台でした

CIMG0124 - コピー

広く見晴らしの良い公園には、様々なモニュメントが設置されています

CIMG0129 - コピー CIMG0131 - コピー
「 氷雪の門 (樺太島民慰霊碑)」 札幌出身の彫刻家 本郷新 の作品
樺太への鎮魂と望郷の念を表現しているそうです

「皆さん、これが最後です さようなら さようなら」
第二次大戦末期、樺太にソ連軍が侵攻してきて
電話交換手の9人の女性たちが最後の交信の後、自決した話は、涙を誘います
罪のない人たちを犠牲にして、戦争は悲惨です

他にも、南極探検隊に同行した樺太犬の像があったりして、北の果てもドラマチックです


最後は、日本最北の温泉(日帰り) 稚内温泉 「 童夢 ( ドーム )
船の形を模しており、館内は “北防波堤ドーム” のイメージもありました
CIMG0110 - コピー CIMG0113 - コピー

次回は、いよいよ、キャンピングカーが 利尻島 に渡ります

<続・北海道紀行7> つづく

スポンサーサイト

| 続・北海道紀行 | 19:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

宗谷岬は昔 行きましたが、こんな色の神秘的な海の色には出会えませんでした。
風が強く最果てを感じた記憶があります。
福岡にいた頃は、国境越えたら韓国でしたが、北海道はロシアなのが不思議な感じでした。
日本は広いですね。

| えりす新一 | 2015/11/23 11:30 | URL | ≫ EDIT

>えりす新一さん

稚内は、私たちが行った時も風が強かったですね。
宗谷湾の海の色には魅せられました。
あの深い藍色を思い出すと、心が落ち着きます。
九州の天草の海はゆるくて、明るい南国のイメージでした。
ホント日本は、南北に長いですね。

| ルルマガ | 2015/11/26 13:09 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nana7lulu8.blog.fc2.com/tb.php/275-b24f1a79

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT