ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

稚内(2)「副港市場」でウニ&ロシア料理

札幌近郊を早朝出発して、道央道、一般道を北上し
5時間余りで 稚内 市街地に到着しました

「道の駅わっかない」へ向かう途中、稚内港に面した「副港市場」に立ち寄りました

CIMG9043 - コピー

海のものの品揃えが豊富、かに、うに・・・
CIMG9024 - コピー CIMG9041 - コピー
CIMG9042 - コピー CIMG9040 - コピー

昔の「稚内港駅」などを復元したレトロなスペースもあります
CIMG9036 - コピー

2階には、海の見える温泉「港のゆ」や、和風レストランが入っていました
お昼の時間を回っていたので、ここで昼食をとることに

CIMG9033 - コピー CIMG9028 - コピー

本日解禁(今年の6月1日のことです)になったばかりの “うに” のメニューから
CIMG9029 - コピー

「海鮮おろしそば」
CIMG9031 - コピー
(感想:雲丹はやっぱりご飯の方が相性がいいような・・・)

しかし、これは続く利尻・礼文島の “うに” の序章に過ぎませんでした~


「副港市場」の敷地内に建っているこの小屋
ロシア料理専門のお店のようです
CIMG9108 - コピー

私の地元にはロシア料理店がなく、いまだ本場のロシア料理を食べたことがなかったのです
やっとチャンス到来! ボルシチはどんな味かしら?

昼食を取ったばかりなので、このあと観光に出かけ、夕方改めて訪れました

お店の中の様子
CIMG9110 - コピー CIMG9113 - コピー

ロシアに住んでいたことがある人が料理を作っているそうです
単品料理もありましたが、初めてなのでプチコースを

CIMG9114 - コピー CIMG9115 - コピー
ビーツ入りポテトサラダ & ピロシキ(焼き) or 黒パン

CIMG9116 - コピー
“ボルシチ” サラッとしていて、シチューというよりスープといった感じ

CIMG9117 - コピー CIMG9119 - コピー
ペリメニ(水餃子風) & シャシリーク (肉の串焼き)2人分 

一つ一つの量が少ないので、インパクトもそれなりでした
単品料理をガッツリ食べればよかったかな

こちらは、ロシアのビール「バルティカ」
CIMG9111 - コピー
缶の色によって、度数が異なるとか
疲れていたので、こちらはガッツリききました


車内でお留守番だったルっちゃん、布団にもぐって眠そう~
CIMG9794 - コピー

「副港市場」は外から入れるトイレが真夜中まで開いていたので
駐車場でひと眠りした後、明け方「道の駅」の方へ移動しました

<続・北海道紀行6> つづく

スポンサーサイト

| 続・北海道紀行 | 08:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

北海道本土の最北端ですね。
ボルシチはロシアに長く在住されていた知り合いに何度か作って頂き食べたことがありますが、私は好きな料理でした。
スープの色がビーツで鮮やかになりますね。

同じ日本でも稚内まで行くとまるで異国に感じます。
逆に北海道の方が九州に行ったら不思議な感じなのかもしれませんね~

ルルちゃんボ留守番ご苦労様でした

| えりす新一 | 2015/11/13 15:59 | URL | ≫ EDIT

>えりす新一さん

ボルシチはビーツが決め手なのですね。機会があれば他の人の手になるボルシチもいただいてみたいです。
稚内はサハリンまで定期船が出ていて“国境の街”ともいわれているそうです。

ところで、テラ家の倉敷の動画のブログが、“ペット同伴旅行”村の注目記事で先日まで第一位だったんですよ。姉妹として大喝采です。

| ルルマガ | 2015/11/16 08:44 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nana7lulu8.blog.fc2.com/tb.php/274-a8559e7a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT