ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「稲佐の浜」から「出雲大社」へ(山陰山陽紀行15)

出雲神話(国譲り・国引き物語)の舞台となった 稲佐の浜いなさのはまに来ました。

 CIMG4605 - コピー - コピー

砂浜の岩山も、パワーがありそう。

 CIMG4607 - コピー - コピー

リードを外してもらって、ルルちょっとだけ走りました。
P9301093 - コピー (2) CIMG4615 - コピー


いよいよ、出雲大社 へ。

CIMG4631 - コピー  
CIMG4636 - コピー CIMG4644 - コピー

大国主命 オオクニヌシノミコト が主祭神なのですね。  
P9301103 - コピー

オオクニヌシノミコトスセリヒメ の結婚の様子。
CIMG4651 - コピー

えっ! なんですって? スセリヒメ?

つい数日前、鳥取の白兎海岸白兎神社で見聞きした話では、兄神たちにいじめられた白うさぎを助けたオオクニヌシノミコト(大黒様)は、白うさぎの取り持ちで美しいヤカミヒメと結ばれたはず。

しかし、この話には続きがあったのです。

憧れのヤカミヒメを取られた兄神たちの嫉妬で、オオクニヌシノミコトは何度も殺されかけ、ヤカミヒメも怖がり離れていってしまいました。
オオクニヌシノミコトは、アマテラスオオミカミの弟スサノオノミコトの所へ逃れてきます。
そこで娘のスセリヒメに出会い、スサノオからの数々の難題をクリアーして、めでたく結婚したということなのです。


P9301115 - コピー  
P9301124 - コピー P9301125 - コピー

御本殿の裏手に、うさぎの石像が数体設置してありました。
一つ一つよく見ると、本を読んでいたり、楽器を演奏していたり・・・ 子どもたちの健やかな成長と能力の開花を祈っているようです。
 CIMG4707 - コピー - コピー

ハートマークのうさぎとルル。出雲はうさぎとハート尽くしです。
 P9301133 - コピー - コピー - コピー

お祈りする父母と思しき石像の後ろに彫られた建立者の名前に “千家”という文字がー
CIMG4710 - コピー CIMG4709 - コピー

代々出雲大社の宮司をしてきた千家さんは、天照大神アマテラスオオミカミの次男 アメノホヒノミコトにつながる家系だそうです。
そして此の度、次期宮司の国麿さんと結婚された方が、天皇一族の高円宮家のお嬢様。
天皇家は、アマテラスの孫 ニニギノミコトを祖とする神武天皇の子孫といわれています。

高千穂、出雲と実際に訪れてみて、捉えどころがなかった「古事記」の世界が少~しわかった気がします。

巨大なしめ縄の神楽殿
P9301146 - コピー   
CIMG4765 - コピー CIMG4779 - コピー


ハート型の葉っぱの桂の並木に囲まれている 古代出雲歴史博物館 に寄りました。

CIMG4791 - コピー CIMG4792 - コピー

なんと古代の出雲大社は地上48mもある高層神殿だったとか。

CIMG4847 - コピー  
P9301166 - コピー   
CIMG4852 - コピー P9301165.jpg

平成12年にそれを物語るかの鎌倉時代の巨大な柱が地下から出土したそうです。

CIMG4794 - コピー


ところで、なぜ出雲大社の主祭神が、オオクニヌシノミコトなのか・・・
オオクニヌシノミコトは、現世に造った国をアマテラスオオミカミに請われ譲ることになりました。
その代わりに自分を祀る出雲大社を建ててもらい、目に見えないところで人と人との縁などを司る神様になったということです。

う~ん、もっと真面目にお詣りしてくればよかったなあ。
まあ新たな縁を求めずとも、今ある縁に感謝しなくてはね。
ダメだったものは、くよくよしても仕方がない。
神様は、その人にふさわしい時に与えて下さるのですから。


博物館には、他にも遺跡から発掘された青銅器や刀剣が展示してありました。

CIMG4898 - コピー  
CIMG4891 - コピー CIMG4894 - コピー  
CIMG4892 - コピー

刀剣は圧巻でした。
スポンサーサイト

| 山陰山陽紀行 | 09:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

人口密度 遠慮がちのナンバー1,2を鳥取と島根で仲良くわけあっている県ですが、うんと昔を遡ると日本の西側は歴史も深くて神秘的ですよね。
子どもの頃暮らしていた福岡は弥生時代くらいからの話しが街にも感じられる環境でしたが、 神話の世界はやはり宮崎と山陰ですね。

出雲大社のしめ縄は「まこも」で出来ているそうです。
若い頃 まこものお茶を飲んでいた時があって その時に教えて頂きました。出雲のしめ縄は巨大だから大変な作業なのでしょうね。

ルルちゃんも神秘的な神話の国にいても 違和感ないですね。流石、お姫様です。深窓の令嬢ですね!

| えりす新一 | 2015/07/20 02:19 | URL | ≫ EDIT

>えりす新一さん

松江・出雲地方は、私がまた訪れたいベスト3に入ります。
仏教以前の古代神話の神秘的な“気”のようなものが感じられ、また城下町の伝統と文化も残っていて、私の中では京都・奈良より好きな町です。
人口密度が少ないのもいいかも。気風も穏やかな印象でした。

神楽殿のしめ縄は、まこもで出来ているのですね。また一つ勉強になりました。ありがとうございました。

| ルルマガ | 2015/07/21 05:53 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nana7lulu8.blog.fc2.com/tb.php/254-dc1d6687

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT