ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

米山S.Aとサバサンド

戸隠からの帰り。
「米山(よねやま)さんから雲が出た・・・」の三階節で知られる新潟県柏崎の米山。
ここはO氏のルーツの一つ。北陸道米山サービスエリア沿いの海で子供の頃泳いだこともあるそうです。

CIMG1008.jpg CIMG1009.jpg
「米山さん」と日本海。

ところで下りの米山S.Aには日本で唯一「サバサンド」のメニューがあるのです。
サバサンドといえば、「トルコ」。
O夫妻は7月初めに2度目のトルコ旅行から帰って来たばかり。
今回は15日間かけて東側の世界遺産「ネムルトダーゥ」まで足を伸ばしたとか。
でもサバサンドはいただく機会がなかったそうです。

ここのサバサンドはどんなものでしょうか。
CIMG1010.jpg
ロールパンに衣を付けて揚げたサバをレタスや玉ネギと一緒にはさんでありました。

思い起こせば18年前、カズとユウの13日間のトルコ旅行。
帰国前日のイスタンブールでのフリータイム、オリエンタルな夕日を浴びながら、ボスボラス海峡沿いの川べりを歩いていました。
何艘もの小舟が岸壁に張り付き、鉄板で大量にサバを素揚げしていました。
「本場」のサバサンドはそのサバをフレンチバケットにはさんだだけというシンプルなものでした。(当時)

サバサンドをかじりながら、ガラタ橋を渡って対岸のアジア側へ。
あっという間に暗くなって川原で道を失ってしまい、「スイカ事件」が起きたのです。
小舟の明かりを見つけて恐る恐る近づくと、数人の漁師さんのような人たちがスイカを割っているところでした。

ここは異国、言葉は通じない。

その後のことですが、和やかにスイカをごちそうになり、この先は行き止まりだからとわざわざ大通りまで送っていただいたのです。
トルコは親日の国なのですね。
それにしても若かりし頃は怖いもの知らずでした。

ルル、Pの隅っこで。
CIMG0881.jpg

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 長野紀行 | 09:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nana7lulu8.blog.fc2.com/tb.php/25-c2b705e8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT