ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大山と、福山雅治の師「植田正治写真美術館」(山陰山陽紀行9)

鳥取県一高い山 大山 だいせん には、“裏”の顔がありました。
(高月の「渡岸寺十一面観音像」の「暴悪大笑面」みたい・・・?)

北側(日本海方面)から見る姿を 表大山 南側(岡山県方面)から見る姿を 裏大山 と呼ぶそうです。
表は円錐形に裾野が広がる麗峰ですが、裏に回ると・・・

「鍵掛かぎかけ峠」 の展望台から臨む“裏”の顔です。

P9270923 - コピー

 CIMG4178.jpg CIMG4173 - コピー 

山肌には、噴火の爪痕が荒らしく残っています。

CIMG4182 - コピー

CIMG4183 - コピー

ますます雲がかかってきたので、次へ出発しようか。

CIMG4176 - コピー

無題 - コピー (3) - コピー - コピー


大山 の西方面へ向かうと、だんだん裏の顔が見えなくなってきます。

P9270945 - コピー


以前、「日曜美術館」(Eテレ)で見て、一度訪れたいと思っていた美術館に着きました。

「植田正治写真美術館」
SHOJI UEDA MUSEAM PHOTOGRAPHY

田んぼの中、唐突に、モダンな鉄筋コンクリートの建物が出現。

CIMG4201 - コピー CIMG4206 - コピー

美術館の建物と建物内部は、作品を撮らなければ写真OK、ワンコの入場は✕。

CIMG4204 - コピー

建物の中は、そこかしこに大きく開口部が切り取られていて、大山 が額絵のように見えます。

CIMG4199 - コピー

残念ながら、この日は水面に写り込む“逆さ大山”は見ることができませんでした。

CIMG4196 - コピー

何かの撮影があって、こんな楽しいパフォーマンスが行われていました。(私も許可を得てパチリ♪)

CIMG4212 - コピー

CIMG4213 - コピー


植田正治さん(1913-2000)は、鳥取県境港出身で、シュールな作風の写真家です。
シンガーソングライターで写真家としての顔も持つ福山雅治さんに、写真を教えたことでも知られています。
CD「HELLO」(1994)のジャケットを撮影したのがきっかけだったという。
作品は撮影禁止なので、ショップで販売されていた葉書からー

CIMG8674 - コピー CIMG8671 - コピー
CIMG8672 - コピー CIMG8670 - コピー

大山と田園を借景に、建物そのものが作品のような美術館でした(設計・高松伸)


スポンサーサイト

| 山陰山陽紀行 | 06:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nana7lulu8.blog.fc2.com/tb.php/246-d1647316

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT