ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「戸隠」探訪

「戸隠山」1904mの険しい山
CIMG0961.jpg

O夫妻おまかせのミステリーツアー。
お二人の全力で、私たちによいものを見せてあげようという気持ちが伝わってきます。

二日目はキャンプ場から、「ささやきの小径」を抜けて「戸隠古道」へ。
CIMG0950.jpg CIMG0949.jpg

カラマツやトチノキの林の中、夏の山野草を楽しみながら歩きました。
CIMG1005.jpg CIMG0946.jpg

ルルも途中の小川で水分を補給しながらがんばったよ。
CIMG0944.jpg

1時間ほどで「随身門」の脇に出ました。
ペット進入禁止の看板で、ルルとユウはここでお留守番。
CIMG0963.jpg CIMG0952.jpg

3人は樹齢四百年の杉並木を抜けて、「戸隠神社奥社」へ。
CIMG0958.jpg
戸隠連峰を映した、文字通り「鏡池」
CIMG0977.jpg

帰りはせせらぎの音を聞きながら「さかさ川遊歩道」を通ってキャンプ場に戻りました。

以下は、食べることに夢中だったので写真はありません。
「戸隠そば」・・一束を一ぽちと呼び、五ぽちが並盛で竹細工のお皿に乗っていました。そば粉の香りが上品。
「おやき」・・・美味しいおやきを求めて「鬼無里」(きなさ)という変わった地名の町へ。皮がパン生地のようなおやき。

夕方は、戸隠神社中社の近くにある「神告げ温泉」で高原の林を眺めながら、リフレッシュしました。

近年パワースポットブームですが、昔から自然の中に八百万(やおよろず)の神を感じ取ってきた日本人。
戸隠、鬼無里、神告げ温泉などの地名からもうかがえるように、古来より霊場だった戸隠の山と森には、幽界との境があいまいになるような世界があるのでしょう。

 
にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 長野紀行 | 17:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nana7lulu8.blog.fc2.com/tb.php/24-95f8a811

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT