ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「成相寺」から見た「天橋立」&「天橋立」の中を歩く(山陰山陽紀行5)

前日は台風の影響で雨が残り、「天橋立ビューランド」からの眺望をあきらめて通過してきていました。
南側 から臨む「天橋立」は、龍が天に登るように見えることから、「飛龍観」 と称されているそうです。

加悦を早朝に発った私たちは、丹後半島を北上し、「天橋立」は北側 から見ることにしました。

成相山の中腹にある「成相寺なりあいじという、ビューポイントに到着。
(ここの駐車料金は、車の台数ではなく、人数分で徴収されましたよ)

成相寺から臨む、「斜め一文字」 と呼ばれる北西からの眺望。

P9260773 - コピー

CIMG3977 - コピー CIMG3975 - コピー (2)

P9260765 - コピー (2)


左に立っている炎の輪のようなものは何かしら?

CIMG3987 - コピー

CIMG3989 - コピー (2) CIMG3990 - コピー

朝早くて“かわらけ”という小皿のお店がまだ開いていなかったので、カズは小石で挑戦。

CIMG3995 - コピー CIMG3996 - コピー

始めのうちはうまくいかなかったけれど、後の方になって3個は輪の中を越えた、と言っていました。

成相寺に参拝。

CIMG4010 - コピー

CIMG4004 - コピー CIMG4003 - コピー


成相山を下って大通りを少し行くと、「天橋立」入口がありました。

CIMG4043 - コピー

写真ではよくわからないけれど、両側が海です。

CIMG4018 - コピー CIMG4020 - コピー

方向は南へ、中央の松並木が続く道を歩き始めました。

CIMG4023 - コピー

細い「天橋立」の中は、散策することができるのですね。

CIMG4027 - コピー

南へ向かう道の左側は外洋、砂浜が続いていました。

CIMG4033 - コピー


前日のことに戻りますが、雨の中、通り道沿いだったので、「知恩寺」「天橋立駅」には立ち寄っていました。

P9250701 - コピー
知恩寺 山門(黄金閣)

     CIMG3845 - コピー

               。。。。。。。 土砂降りです 。。。。。。。

P9250705 - コピー
知恩寺 本堂

P9250712 - コピー (2)
                。。。。。。。 雨宿り 。。。。。。。


見損なった「飛龍観」の景色は、駅の看板でー

P9250716 - コピー P9250698 - コピー


まだまだ丹後半島のドライブは続きます。 山陰は遠~い!


スポンサーサイト

| 山陰山陽紀行 | 07:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nana7lulu8.blog.fc2.com/tb.php/239-b7bb0d0c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT