ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

天草諸島の夕陽と紺碧の空 (北九州紀行19)

道の駅 有明」から見る夕陽
天草諸島の外洋は東シナ海かな。

P3231957 - コピー

20140817064430.jpg

CIMG0968 - コピー
CIMG0965.jpg

P3231962 - コピー

高千穂を午後に発って一路西へ横断、天草五橋を渡り、天草松島は横目にしながら通り過ぎました。
日も傾いてきたので先を急ぎ、帰り道に寄ることにしたのです。
(しかし、後で島原半島へ直接渡るフェリーがあることを知り、結局寄らないでしまいました)

天草諸島「道の駅 有明」から見る風景は、南国らしい雰囲気でした。
その夜はここにP泊し、併設している「有明温泉 さざ波の湯」にも入りました。

今夜の夕食は、車の中でご飯を炊いて、道の駅で買った「タコカレー」「タコめし」「太平燕タイピーエン」など。右はここの名物、お好み焼き風たい焼き。

CIMG3541 - コピー CIMG0955 - コピー


翌朝は雲一つない晴天。
空に溶け込むように、大海原が広がっています。

CIMG0983 - コピー


天草上島・下島 一周のドライブに出発

崎津教会
大きくはないですが、外観も内部も美しく魅力的な建物です。

P3241969 - コピー

CIMG0998 - コピー (2) P3241972 - コピー

CIMG0996 - コピー (2)


大江天主堂
紺碧の空に、天主堂の白さが冴えます。
天草のキリシタンの歴史を秘めて、もの悲しくもある清らかさです。

P3241974 - コピー
CIMG1034 - コピー CIMG1024 - コピー

CIMG1017 - コピー (2)


天草ロザリオ館
何代にも亘る隠れキリシタンの歴史や生活の様子が紹介されています。

CIMG1035 - コピー

P3241979 - コピー


この後は熊本には以前来たことがあるので、フェリーで直接、島原半島へ渡ることになりました。
無題 - コピー - コピー
にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ

スポンサーサイト

| 北九州紀行 | 07:30 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

天草にも行かれたのですね。
福岡市で育った私には、九州の東側より、こちらの西側の方が馴染みもあり懐かしく感じます。同じ海を共有しているからかもしれません。

空が美しくて癒されました。

| えりす新一 | 2014/08/20 10:57 | URL | ≫ EDIT

こんにちは、ルルマガさん

道の駅・有明から東シナ海に沈む夕陽と早朝の穏やかな海を見れるなんてPキャンならではの旅ですね、
羨ましいですねぇ~

大江天主堂や崎津天主堂は今では観光名所?になっていますが、30年ほど前にここを訪れてた時にはベールを被った地元のおばあちゃんや子供たちがお祈りをしているのを見ました、地元に根ざした教会なんでしょうね、

次の島原も私の大好きなところなので次の記事を楽しみにしています。

| りゅうぱぱ | 2014/08/21 09:48 | URL |

>えりす新一さん

天草はキリシタンの歴史があるのでどんな所だろうと思っていましたが、広々とした海が続く、のどかな所でした。
海は東北の海とは違う印象を受けました。
海の温度が違うのだと思います。
南の海だと感じました。

| ルルマガ | 2014/08/21 15:19 | URL | ≫ EDIT

>りゅうぱぱさん

大まかな予定はたてていますが、行き当たりばったりの旅は当たり外れはあります。
「さざ波の湯」は夜暗くなってから行ったのですが、露天風呂から夕陽を見ることが出来たのだそうです。

天草をまとめるのに写真を選んでいたら、空が綺麗だったので空中心に南国のイメージになりました。
海のほうもさえぎる物なく広々としていて、車で走っていると小さな漁村があったりと、のどかな印象でした。

| ルルマガ | 2014/08/21 16:14 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nana7lulu8.blog.fc2.com/tb.php/200-c2f3a163

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT