ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

別府温泉地獄めぐりと別府湾SA(北九州紀行10)

別府に来たからには、「地獄めぐり

      CIMG0284 - コピー

八つある地獄のうち、四つに行きました。(ワンコ入場OK)

      CIMG0210 - コピー

P3211635 - コピー

血の池”とは、土壌が酸化して赤くなった土により染まっているそうです。



      CIMG0226 - コピー - コピー

P3211640 - コピー

P3211643 - コピー

手前の釣竿の先には温泉卵が浸かっています。

青く涼しげに見えても、98℃の高温、地獄蒸しも。

CIMG0238 - コピー CIMG0348 - コピー




CIMG0279.jpg CIMG0260 - コピー

[広告] VPS

灰色の泥が熱せられて噴き出している様子が、まるでお坊さんの頭のようだからと名付けられたそうです。


CIMG0288 - コピー (2) CIMG0290 - コピー

鬼山”とは何ぞや?

温泉水で、“ワニ”が飼育されていて、“”のように重なり合っていました。
のように恐いワニ・・・いえいえ、ここの地名が“鬼山”)

CIMG0310 - コピー



前夜は、大分自動車道別府湾SA」に泊まりました。

新しくて設備が充実しているSAで、インフォメーションカウンターでは親切的確に応対していただき、またインターネットブースも備えつけてありました。

ただその夜は3月下旬の九州というのに、みぞれ混じりの吹きさらしの強い雨で、車のドアの開閉も大変という荒れ模様でした。

CIMG0199 - コピー CIMG0190 - コピー
翌朝、向こうに見える山は雪を被っていました。

CIMG0193 - コピー

別府湾も霧の中。
夕べは夜景どころではなかったのです。

まだ強風が残る中、ルルを連れてドッグランまで行ってみましたが、怖そうな先客がいるし、水たまりも残っていたので遠慮してしまいました。
      CIMG0197 - コピー

人気の「別府湾SA」、堪能できないまま後にしました。


にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
スポンサーサイト

| 北九州紀行 | 03:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

40年以上前の絵葉書がそっくりそのままあります。
別府温泉の赤池地獄と どろどろぶくぶくした地獄の絵葉書を見て
子どもの頃 悪いことをしたらここに連れて行かれたらどうしよう・・・と想像していたことを思い出しました。

ルルちゃんは硫黄の匂いは大丈夫でしたか?

急に温泉卵が食べたくなりました(笑)

| えりす新一 | 2014/07/14 18:00 | URL | ≫ EDIT

>えりす新一さん

温泉地獄はTVの旅番組で見たことがありました。
思っていたより小規模で観光地化していましたが、写真になると迫力ありますね。
“地獄”とは、昔の人はうまく名付けたものです。子ども心には恐いですよね。
硫黄分は今回行った4つの地獄ではそんなに感じませんでした。
「雲仙地獄」のほうが硫黄と熱さは凄かったです。

大分県は不思議な所です。

| ルルマガ | 2014/07/15 02:05 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nana7lulu8.blog.fc2.com/tb.php/189-1e15026f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT