ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

昭和の町・豊後高田(北九州紀行6)

kyushu_map - コピー - コピー
昭和の町」 として町おこしをしている、豊後高田市に来ました。

NHK BSプレミアムで、大分発地域ドラマとして放映されています。
「そんじょそこら商店街」

母の死をきっかけに故郷にUターンした青年が、商工会議所に再就職し、閑古鳥が鳴く商店街を再生していくという 豊後高田 を舞台にしたドラマです。
母の形見の昭和の品々からヒントを得、「昭和の町」として町おこししていくのです。


大きな駐車場に止めると、昭和時代の品々を集めた一角がありました。

「ルルの運転手屋さん」
CIMG0056 - コピー

CIMG0051 - コピー CIMG0041 - コピー

20140530042609.jpg CIMG0042 - コピー
                                      

1964年の 東京オリンピック のコーナーもありました。
CIMG0046 - コピー
ルル、メダル20140530043602.jpg


昭和の暮らしを再現したコーナーも。
CIMG0068 - コピー
            CIMG0066 - コピー


商店街を歩いてみました。
CIMG0082 - コピー


戦後の給食のメニューを提供している食堂。
CIMG0069 - コピー

     CIMG0070 - コピー (3)


看板犬、ゆきちゃんはお年のようです。
CIMG0075 - コピー CIMG0077 - コピー


今晩の夕食の材料も物色。
     CIMG0073 - コピー

     マテ貝? 初めてです、味付けしたものを食べてみることにしました。

     キャンピングカー内の自炊の様子は次回へ。

にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ



スポンサーサイト

| 北九州紀行 | 01:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

豊後高田に知り合いはいますが まだ訪れたことはない街です。
レトロな感じで タイムスリップしたような懐かしい物が沢山ありますね。
脱脂粉乳とコッペパンは私の母の時代の給食?だったと思います。

「マテ貝」はいつも行く潮干狩りでも見かけますよ。
と言っても殻だけですが・・・。
マテ貝の採取方法は、潮が引いた時に砂に穴がポツポツあって、そこに塩をかけると「にゅ~」っと出て来ます(笑)。一瞬なのですぐにキャッチしないと また砂の中に潜ります。とてもユーモアある貝だと思いますよ~。

国東半島までやって来ましたね!

| えりす新一 | 2014/06/05 02:07 | URL | ≫ EDIT

>えりす新一さん

昭和は、戦後の発展がめざましいですね。
母が嫁いだ頃は、井戸水を汲み、かまどでご飯を炊いていました。
今は便利で快適になりましたが、大震災で一気に戦前の生活に逆戻りしたような経験をしました。

佐倉市の国立歴史民俗博物館には行ったことがありますか?
かなりの広さですが、あそこの展示もすばらしかったです。

潮干狩りには何度か行っていますが、マテ貝はこちらでは見たことがありませんでした。
ネットで調べてみたところ、銚子辺りが北限のようです。
形も生態もユーモラスですね。

| ルルマガ | 2014/06/06 04:01 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nana7lulu8.blog.fc2.com/tb.php/179-552fa67a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT