ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

福岡県初日・金色温泉&竹細工おじさん(北九州紀行1)

関門橋 を渡って 福岡県 に入ったのは、我が家を出てから 3日目 の夕方でした。

走行距離は、1,5ookm を超えました。

九州 では、ワンコ連れ仙台ナンバーの車に声を掛けてきてくる方も多く、親切にしていただきました。

最初に寄った「道の駅」では、パンフレット類は置いてあるものの特にインフォメーションはなく、店の人も地理には詳しくないようでした。

駐車場で地図を広げていると、中年の男性が声を掛けてきました。
「ずいぶん遠くから来たんだね・・・・・・」

その方は親の介護のためにUターンしてきて、暇が出来た時に小旅行をしてふるさと再発見をしているとのことです。

私たちがこれから行こうとしていた温泉施設はその日は定休日ということで、ちょっと遠いけれどと紹介していただいたのが、金色 かないろ 温泉 でした。

ご親切にも電話で問い合わせてくれて、日帰り入浴は夜中の12時まで、お風呂を利用してもらえば12時までトイレなどの出入り自由、車は一晩泊めてもOKということです。

暗くなってから到着した 金色温泉 の駐車場はビッシリ、人気のほどが伺えます。

露天風呂 が凄かったです! 
回遊式の広い庭園の中に、大きな岩風呂など5つ、ちょっとしょっぱい温泉でした。

翌朝目を覚ますと、ビッシリだった駐車場には、我が デカボ 一台だけ。
P3191478 - コピー

庭はまだ芽吹き前でしたが、いい雰囲気です。
P3191468 - コピーP3191476 - コピー


車を、耶馬溪やばけい入口の「道の駅 耶馬トピア」に移動しました。
CIMG9643 - コピー - コピー


洗面所をお借りしていると、おじさんが声を掛けてきました。
ここの敷地内の建物で、竹細工 を作っているそうで、早速お邪魔してみました。

竹灯籠が、たくさんぶら下がっています。
CIMG9645 - コピー

夏の夜、中にろうそくを灯してイベントをするそうです。
CIMG9652 - コピー


          CIMG9660 - コピー (2)


4人のおじ(い)さんたちが、竹細工 作りに勤しんでいました。
CIMG9656 - コピー

その中のお一人は、昨夜 金色温泉 に行っていたそうで、私たちの車を見かけたとおしゃっていました。

もう一人の方が、あっという間に、竹の葉からバッタ を作って見せくれて、お土産に、とくださいました。
CIMG9649 - コピー

大先生は精巧なバッグを制作していました。
CIMG9658 - コピー

何だか、昔少年の秘密基地のように見えてきましたよ。
CIMG9663 - コピー


          CIMG9662 - コピー (2)


   帰りには、無事 カエル(帰る)、竹の節を利用した置物 3個 も頂戴しました。
   おかげさまで無事に帰り、今 カエルさんたちはリビングの棚で鎮座していますよ。

      CIMG2716.jpg
            左から、カズガエル・ルルガエル・ユウガエル


        地元の人々との触れ合いが嬉しい 九州 の出だしとなりました。
        そして、次の地でも出会いがありました。(続く)


にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ

スポンサーサイト

| 北九州紀行 | 08:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

九州の旅がいよいよ始まりましたね。
拝見していると テラ家と同じで、自由に旅をして色々な人との出会いを大切にされているのだな~と羨ましく思いました。
九州の人は、関東ナンバーくらいまでならそれ程関心は持たないですが、そりより北、東北北海道のナンバーになると対極の地のイメージか「よくぞいらっしゃった」と言う励ましや感心(こんな最果てまで頑張ったねと)労いなどもあり好意的に歓迎されると思います。

私の知らない九州も楽しみにしてます。

| えりす新一 | 2014/05/08 09:19 | URL | ≫ EDIT

>えりす新一さん

我ながら、九州やっと始まりました。
盛り沢山なので、先が遠~い!
ささっとできない性分なので、時間がかかってしまうのです。

九州出身のエルザちゃんママの期待に答えられるかどうかわかりませんが、とても良い旅だったので、丁寧にまとめていきたいと思っています。

| ルルマガ | 2014/05/08 20:14 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nana7lulu8.blog.fc2.com/tb.php/173-0a285b43

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT