ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

棟方志功の青森津軽こけし&現代の青色こけし

少し前になりますが、印象に残った展示会がありました。

場所は、仙台駅から歩いて数分の所にある、「カメイ美術館
会社社長二代にわたるコレクションを中心に展示しています。

   CIMG9115 - コピー

今回は特別展「津軽系伝統こけし 今晃の世界」が開催されていました。

こけし とは、東北地方に伝わる、木地で挽いた人形。
お椀などを挽いていた木地師が、子どものおもちゃとして作ったもので、湯治客のおみやげになって広まったと言われています。

11系統あるうち、一番北の青森 津軽こけし、工人・今晃さんの作品は類型的でなく、なんて素朴なんでしょう。

CIMG9112 - コピー
CIMG9100 - コピー CIMG9098 - コピー


ここに特別展示されていたのが、青森市出身の板画家 棟方志功 が絵付けした、3本しか現存していないという 津軽こけし

       CIMG9105 - コピー
       (左2本は青森県黒石市「津軽こけし館」蔵、右は個人蔵)

こけしの曲線が、志功の筆で、ますますふくよかに見えますね。

青森市に「棟方志功美術館」があり、以前、見に行ったことがあります。

志功 は、自らの木版画を“板画 ばんが”と名付けました。
彼の独自性は国内ではなかなか認めてもらえないでいましたが、海外の国際版画展で日本人として初めて大賞を受賞したことにより、逆に国内でも注目されるようになったという経緯があります。


ところで、最近話題になっているのが、“青色こけし Indigo Kokesi”
TVや新聞で見ただけで実際は見ていませんが、今までになかった青色や藍色を使ったこけしです。

kokesi.jpg
「河北新報」紙上から

モダンな感じで、洋風リビングにも合いそうです。
興味を持たれた方は、 BEAMSをクリックしてご覧ください。

ちなみに、5月3日から宮城県白石市で、「全日本こけしコンクール」が開催されます。


カメイ美術館はまた、世界の蝶のコレクションでも知られています。(撮影不可)
入口には、鮮やかな蝶の羽で模様を構成した作品も展示されていました。

CIMG9110 - コピー

CIMG9109 - コピー (2)

にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
スポンサーサイト

| art&works | 07:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nana7lulu8.blog.fc2.com/tb.php/167-b5070a71

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT