ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「祖谷のかずら橋」カズパパ頑張る!(瀬戸内四国アート紀行16)

地図四国 - コピー (5) - コピー - コピー - コピー (2)
四国4つ目の県、徳島 に入りました。

峡谷巡り、まず吉野川流域の大歩危・小歩危 おおぼけ・こぼけ へ向かいました。

CIMG0969 - コピー

歩危ぼけとは断崖という意味だそうで、上流の大歩危、下流の小歩危と続いています。
CIMG0980 - コピー

CIMG0986 - コピー

PA231050 - コピー


大歩危橋まで戻って、次に 祖谷 いや のかずら橋 へ行きました。

PA231052 - コピー

渡り賃、一人500円、ワンコはタダ。
係りの人から、ワンコは渡りきれないかもしれませんよ、と言われましたが・・・

      CIMG1008 - コピー

      CIMG1009 - コピー

      CIMG1010 - コピー

      CIMG1011 - コピー 
                  よし、ルーちゃん、偉いぞ!

      CIMG1013 - コピー

      CIMG1012 - コピー

          六分の一くらい進んだでしょうか、ルル、頑張れ!
      CIMG1026 - コピー
      
      CIMG1018 - コピー

私も続いて渡り始めたのですが、足元の「さな木」の間隔が広く、雨で滑り、下を見るとかなりの恐怖です。
橋も揺れるので、かずらで編まれた手すりにしがみつくようにして進みました。

CIMG1024 - コピー (2)

CIMG1021 - コピー (3)

CIMG1044 - コピー (2)


              あれ、ルー、ひょっとしてダメ???
      CIMG1019 - コピー

           ついに、ルルは後ろ足を落とし、動けなくなりました。
      CIMG1020 - コピー

            とー カズがルルを抱き上げ、歩き始めました。
      CIMG1027 - コピー
 
               腰を落として、一歩一歩、慎重にー
      CIMG1029 - コピー

              こけて、ルルを落とすわけにいきません。
      CIMG1033 - コピー        

        カズ、人生最大、絶体絶命の大ピンチ!(本人談)
      CIMG1028 - コピー

                 カズパパ、もう少し!
      CIMG1036 - コピー
                   
            無事、対岸にたどり着きました。(ホッ)

    カズパパ、偉ーい! ルルコを守ったー! 


             ルルは私が渡るのを心配そうに見ています。 
      CIMG1047 - コピー
                      

上流から見た「かずら橋」、両手を離して渡るなんてとても出来ませんよ。
CIMG1059 - コピー



                  深い峡谷です。

         CIMG1088 - コピー - コピー

      CIMG1091 - コピー
CIMG1074 - コピー (2)

峡谷沿いの細い山道を走っていると、ポツリポツリとひなびた温泉宿がありました。

四国は初めてなので観光に頑張りましたが、癒し系の所が多く、いつか次は滞在型で訪れてみたいなあ。


にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 瀬戸内四国アート紀行 | 20:18 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

パパさん 勇気があり優しいですね~
今日お会いした時のままの行動です。ちょっと感動しました!
ルルちゃんも途中まで頑張りましたね。きっと本当に怖かったと思います。

日本もまだまだ捨てたもんじゃないと思わせる絶景や 何気ない風景の中にも呼吸が感じられる気がしました。

| えりす新一 | 2014/03/18 01:06 | URL | ≫ EDIT

>えりす新一さん

コメントありがとうございます。

夫はルルを抱えて、本当に必死だったそうです。
ルルは健気に、私たちの旅に付き合ってくれています。

高所恐怖症の私は、ブルブル状態でかなり怖かったですよ。
橋が揺れるので、途中からの写真は、手ブレでボツ。
両手を離してバランスを取るなんて、とても出来ませんでした。

今回の記事は出発前に設定してきたので、前記事に反映してしまうようです。
さっき気付いて直してみましたが、どうかな。
力を入れた記事なので、あまり見てもらえず、ちょっと残念です。

| ルルマガ | 2014/03/20 02:56 | URL | ≫ EDIT

今回の記事の場所は、どの場所も行ったところばかりで懐かしいです。
濡れたかずら橋は怖かったでしょう。ルルちゃん半分近くまで歩いたのはすご~い!!
四国また行きたくなりましたよ~

| テラ母 | 2014/03/20 14:10 | URL | ≫ EDIT

懐かしい。

かずら橋、小さな頃に両親に手を引かれ半べそで渡った記憶がございます!

あの頃のままの風景です。
こうして地元を見てみると、なかなか素晴らしい場所だなぁなんて感慨深くなります。

実家を離れてもう育った期間と同じくらい経ってしまいました。
その間、様々な土地に住み、文化や食を堪能してきましたが、こうしてみる地元地方の風景は当時より素晴らしいものに見えます。
ゆっくり実家に帰りたくなりました。

それにしても、あの橋をルルちゃん途中までよく頑張りましたね!
我が家のルルはとても無理です??

| ルルママ | 2014/03/23 01:00 | URL |

>テラ母さん

テラ家はいろいろな所に出かけているのですね。

かずら橋にも行ったのですね。
ワンコは後ろ足を落とすようで、渡るのは難しいみたいでした。

知らない土地、たくさんの人に会って、ルルにとってはストレスでしかないと思いますが、まさに“健気”の一言に尽きます。

旅先なので、返事が遅れてすみませんでした。

| ルルマガ | 2014/03/24 05:52 | URL | ≫ EDIT

>ルルママさん

同じ日本でも、私たちには四国は遠すぎて、県の配置も県庁所在地もおぼつかなかったのですが、今では四国の大ファンですよ。

瀬戸内海の島々や祖谷渓には癒されました。
祖谷渓のひなびた温泉でのんびり過ごしてみたいです。

年月を経ると、また違った目で故郷を見るようになるのかもしれませんね。

| ルルマガ | 2014/03/24 06:22 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nana7lulu8.blog.fc2.com/tb.php/165-e6c9388f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT