ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

現代アートの聖地「直島」(瀬戸内四国アート紀行5)

豊島から、直島 NAOSHIMA へ。

隣の島ながらフェリーは通っておらず、一旦岡山県の宇野港へ行き、乗り換えて直島へ入りました。

瀬戸<strong>強調文</strong>内海フェーリー航路 - コピー (2) - コピー

「現代アートの聖地」と呼ばれる、瀬戸内海アートの発信地 直島
シンボリックな美術館を訪れました。

地中美術館

プロローグで訪れた東大阪の「司馬遼太郎記念館」も手掛けた 安藤忠雄 氏が設計したコンクリート打ちっ放しの抽象的な建築。(館内撮影禁止なので入口のみ)

     CIMG9952 - コピー - コピー

     上から見たら◯△☐の形をしている建物の中の展示もミニマムアート系。
     地中に埋もれた内部からは、空が切り取られて見えます。

館内の「モネの部屋」に合わせたように、睡蓮と柳の池もありました。
CIMG9960 - コピーCIMG9966 - コピー


続いて、同じく安藤忠雄設計による、現代アーティストの美術館へ。

李禹煥 Lee Ufan 美術館

CIMG9970 - コピーCIMG9972 - コピー

ここも館内撮影禁止ですが、瀬戸内海を臨む広い庭には数点の抽象彫刻が展示されていました。
     CIMG9975 - コピー - コピー


直島では、「海の家つつじ荘」の隣にある町営駐車場(無料)に車中泊しました。

「つつじ荘」の敷地内には、パオ(モンゴル型テント)の宿泊棟がありました。
翌朝、海岸へ出てみると、パオの前には海が広がっています。

CIMG9987 - コピーCIMG0077 - コピー


ベネッセの海岸のほうへ散策に行くと、瀬戸内海を背景にオブジェや彫刻が設置されていました。

CIMG0081 - コピーCIMG0001 - コピー

CIMG9994 - コピー (2)
                                         (トップ画像です)

CIMG0045 - コピー

      CIMG0047 - コピー     

      CIMG0091 - コピー

      CIMG0029 - コピー (2)

      CIMG0032 - コピー

      CIMG0057 - コピー


ベネッセのお庭にもおじゃましました。
CIMG0015 - コピー

CIMG0071 - コピーCIMG0068 - コピー - コピー

CIMG0076 - コピー - コピー (2)CIMG0073 - コピー - コピー
           
この直島では、外国人を多く見かけました。
ナント、ナントですよ、海外の旅行雑誌で「世界で行くべき7つの場所」の1つに紹介されているんですって。

島を一周しても車で15分くらい。
本村地区では、古い家屋と現代アートがコラボした「家プロジェクト」が展開されていました。
光と闇のテーマが印象深かったです。
CIMG0125 - コピーCIMG0128 - コピー
CIMG0119 - コピーCIMG0126 - コピー


今回、瀬戸内芸術祭の舞台となった12の島のうち、4つの島を訪れました。
小豆島(2泊)、犬島、豊島、直島(1泊)。
キャンピングカーにも、車中泊する車にも出会いませんでした。
フェリーが通っていない島も多く、ワンコ連れでは無理もできません。
今回はこれで十分堪能したと思います。

次回からは四国本土のアート紀行です。


にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 瀬戸内四国アート紀行 | 07:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nana7lulu8.blog.fc2.com/tb.php/148-d3b92405

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT