ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「犬島」島民50人瀬戸内海アートの小島(瀬戸内四国アート紀行3)

岡山市 犬島 INUJIMA

瀬戸内国際芸術祭(~11/4)の舞台となった12 の島の一つ。
周囲約4km 人口わずか50人余りの瀬戸内海の小さな島が、アートの島として脚光を浴びています。

(ちなみに、瀬戸内海には約700の島があり、そのうち人が住んでいるのが300、残り400は無人島だそうです)

瀬戸内海フェーリー航路 - コピー

小豆島から、高速船で犬島へ。
平日だというのに、切符売り場では整理券が配られていて、船もほぼ満席。
CIMG9636 - コピー CIMG9634 - コピー

   犬島埠頭まで25分。
    CIMG9567 - コピー

   犬のTシャツを着た島民が迎えてくれました。
    CIMG9570 - コピー

犬島には、名前の由来になった言い伝えがあります。

大宰府に配流される菅原道真の乗った船が瀬戸内海で遭難した時、道真公がかつて飼っていた犬の泣き声が聞こえてきて、声の方へ行ってみると島があり避難して助かり、島には犬の形をした大きな岩があった・・・

その島は、犬島のすぐ傍にある小さな無人島「犬ノ島」のことで、年に一度のお祭りの時(5/3)だけ渡ることができるそうです。


犬島には昔、銅の精錬所があり、一時は6,000人が住んでいたこともあったそうです。

PA170750 - コピー

その精錬所の跡地一帯は、柳幸典さんというアーティストが構成する美術館になっていました。

CIMG9598 - コピーCIMG9594 - コピー

建物内部は撮影禁止。
暗い坑道のような廊下が続き、随所に鏡の屈折を利用した仕掛けが設置されていて、圧倒的な迫力がありました。


歩き廻っても30分足らずの町の中では 「家プロジェクト」が展開していました。

   CIMG9620 - コピー

空き地に建つ、透明なアクリル局面の続く建造物2点。
CIMG9612 - コピー
CIMG9610 - コピー
CIMG9616 - コピー
CIMG9617 - コピーCIMG9619 - コピー

CIMG9608 - コピー
PA170757 - コピー
CIMG9604 - コピー

現代彫刻の作品。
CIMG9630 - コピー

んっ、これもアート?
CIMG9600 - コピー
島民の方の畑で、ビニールシートが飛ばないように瓦などで押さえているのでした。

この家プロジェクトをプロデュースしているのが、女流建築家の 妹島SEJIMA和代 さん。
金沢20世紀美術館などを手掛け、建築界のノーベル賞といわれるブリツカー賞も受賞している人です。
今、物議を呼んでいる、東京オリンピックのメーン会場となる国立競技場、このコンペで、惜しくも次席だったのが、妹島さんでした。


犬島へはフェリーが通っていないので、ルルは小豆島の土庄港の駐車場でお留守番。
CIMG1131 - コピー
車は断熱仕様でファンも付いているので、車内は温度が上がらないようになっています。
短い時間のお留守番はリードをテーブルの脚に止めて、長くなる時は組み立て式のクレートに入ってもらっています。
暗くしてあげるとおとなしくしているようです。

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 瀬戸内四国アート紀行 | 07:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

犬島の中の建物など とても面白いですね
遊び心満載で楽しいです
瀬戸内海の島は 橋で繋がれている島をいくつか廻っただけですが 最後は三原港に船も利用しました
平山郁夫の美術館をメインにレンタカーで廻ったのは娘が5歳の時でした
島は独自の暮らしがあって本土と違う何かが魅力で私は結構好きです
ルルちゃんもすっかり旅行犬ですね

追記
アクリルの中の装飾が影を作っていて それがまた幻想的ですね

| えりす新一 | 2013/11/15 02:19 | URL | ≫ EDIT

>えりす新一さん

瀬戸内海の海と自然を背景にした、芸術祭は素晴らしかったです。
ブログは旅の思い出アルバム作りのようになりましたが、まだ序盤でこれからも続くのでご覧いただければ嬉しいです。

キャンピングカーで西日本へ初進出しました。
今後も山陰山陽、九州へも足を伸ばしたいと思っていますので、その折は見所を紹介してくださいね。

| ルルマガ | 2013/11/15 08:03 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nana7lulu8.blog.fc2.com/tb.php/146-b79fd314

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT