ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

福島市土湯温泉「土湯アラフドアートアニュアル」

CIMG9052 - コピー

土湯温泉 は福島の市街地から程近い山あいにあり、土湯こけしの里でもあります。

CIMG9128 - コピー

最近はこけしブームの再来で、こけ女 じょ といわれる人たちが訪れてくるそうです。

CIMG8999 - コピー CIMG8998 - コピー


土湯温泉 は、東日本大震災の影響を受け、3分の1の旅館が廃業を余儀なれました。
そこで温泉街の活気を取り戻そうと、現代アーティストたちが、空き家になった建物や取り壊された跡地に作品を制作するというイベントを開催したのです。

「 土湯アラフドアートアニュアル 」  2013 9/6~10/14

“アラフド” とは、方言で、「初雪を踏みしめる」という意味。

コンクリートの躯体だけになった3階建ての旅館の壁に巨大な絵。
描かれているのは “こけし” でしょうか。

CIMG8962 - コピー CIMG8961 - コピー
                               その脇を仲居さんが歩いて行きます。

廃墟となったビルの中にも、それぞれの階に作品が展示されていました。

CIMG8969 - コピー CIMG8976 - コピー
CIMG8974 - コピー CIMG8967 - コピー

他にも、廃屋や土台だけを残す跡地に、作品が展示されています。

CIMG9005 - コピー CIMG8963 - コピー
CIMG9044 - コピー CIMG9018 - コピー


 
温泉街を歩いていると、雅子妃殿下 の歌碑がありました。
昨年(H24)の歌会始で詠まれたお歌だそうです。

CIMG9129 - コピー CIMG9130 - コピー
    
      「 春あさき林あゆめば仁田沼の岸辺に群れてみづばせう咲く 」

皇太子ご夫妻は以前、土湯温泉を訪れていて水芭蕉の群生地などを散策なさったそうで、雅子様は震災後の様子に心を痛め、その時の美しい福島の自然を思い出して詠まれたとのことです。


今回、私が一番心に残った作品があります。

「 cotton clouds 」  浅沼知明

   CIMG9126 - コピー

   薄暗がりの中に、何やら雲のような形のオブジェが置かれています。

   CIMG9031 - コピー

    近づいていくと窓が切られていました。

   CIMG9032 - コピー

    中に何かあるようです。

   CIMG9033 - コピー

水晶のような球に青空と雲が映し出されていて、映像が刻々と形を変えて流れていきます。   

   CIMG9034 - コピー

    清明な広がりを内包している作品でした。

   
   CIMG9043 - コピー

にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 福島紀行 | 08:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nana7lulu8.blog.fc2.com/tb.php/141-41d55b86

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT