ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

るるるるる・・・・・・・るが20文字

るるるるるるるるるるるるるるるるるるるる

草野心平の「春殖」というれっきとしたで、ひらがなの「 」だけが20個。

この詩を池田和京さんという方(宮城県芸術選奨受賞)がにしたためました。

   img008 - コピー
                         (たぶん右から縦書きで読むと思います)

」の形が、今にも生まれてこようとするオタマジャクシの姿を表しているみたいだと思い題材にしたそうです。

コーイケルホンディエ」ブログ村は、Aンジーママさん、Fァニーママさん、Mリィママさん(お孫さん)・・・とベビーラッシュ(人間の)
そして今回、Kーシーママさんがおめでた(おめでとうございます いつも読み逃げですみません)
Kママさんがお腹の中にいる女の子を通称「るーちゃん」と呼んでいるというのも、なにか胎動の感じからかなと思いました。

草野心平には、「 」と「 」の文字だけをアトランダムに羅列した詩もあります。
なんでも「ろ」は雄ガエル、「る」は雌ガエルを表しているそうですよ。
カエルの大合唱が聞こえてきそうですね。

ところで、我が家の「ルーちゃん」
ルルという名前には何の意味もありません。

以前飼っていた22年と半年生きた猫の名前が「ナナ」でした。
(この名は筒井康隆の小説「七瀬ふたたび」から、人の心を読めるエスパー七瀬ちゃんにちなんで付けました)

ナナという響きに、呼応して「ルル」(単純!)
ひらがなの「るる」のほうが動きが感じられるようですね。

お昼寝しているルルは、「 るる 」っぽい形かな。

 CIMG4043.jpg

     CIMG4044.jpg

          CIMG4047.jpg

       「コーイケルホンディエ」村には、ルルのきょうだい、血縁がいっぱい。
       いつか会う機会があれば、名前の由来を聞いてみたいものです。

にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| ルル | 07:24 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/09/20 14:35 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nana7lulu8.blog.fc2.com/tb.php/133-0b50a940

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT