ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ルルお迎え紀行4日目(5月8日)

ふたりの旅程は、白川郷から飛騨高山へ。
3年前に開通したという「飛騨トンネル」は長さがなんと約11キロの未体験ゾーン。
車の古いナビの矢印は道なき深い山中を進行していました。

高山市内に入り朝市を一回りして「さんまち」へ。
古い町屋が続く通り、そぞろ開き出した店をのぞいてみると、いにしえと和モダンがマッチングした素敵な空間でした。

ルルお迎え紀行 167


飛騨高山から郡上八幡へ、新緑の「せせらぎ街道」を抜けます。
この穏やかな渓流沿いの道は広葉樹が多いので紅葉の時期はさぞかし見事なことでしょう。
途中の道の駅で昼食を取り、情報を得て郡上八幡の町に入りました。
真っ先に向かった所は「宗祇水」(そうぎすい)
名水百選第一号の水場です。

1336461195311.jpg

水が流れる町をそぞろ歩き、「郡上紬」も直に見ることができました。
ルルお迎え紀行 176

今夜の宿泊地、下呂温泉に向かいます。
しかしナビが示した道は通行止め。
地図を広げていると一台の車が止まり、初老の男性が降りてきました。
その方の息子さんが仙台にいるそうで、仙台ナンバーの車を見て止まってくれたのです。
先の震災の時にはそれは心配したとのこと。
そしてご親切に下呂までの迂回路を途中まで先導していただきました。

日が暮れて下呂温泉にたどり着き、露天風呂の脇の川原が今夜の宿泊地になりました。
遅い夕食は高山の朝市で買ったコシアブラを宗祇水でゆでてお浸しに。
キャンピングカーの旅は苦行ではないけれど難行です。

明日はいよいよルルと御対面。
ブラインドを少し開け対岸の温泉の明かりを入れて眠りについたのです。




にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| ルルお迎え紀行・岐阜への旅 | 08:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012/06/24 14:49 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012/06/26 23:23 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nana7lulu8.blog.fc2.com/tb.php/12-5c4dd2b6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT