FC2ブログ

2019年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

風の又三郎ゆかりの「種山高原」キャンプ場

283号線(or釜石自動車道)は東に、遠野・釜石へと沿岸まで続いていますが
遠野・釜石は前に行ったことがあるので、内陸部へと車を走らせました

* 昔カズは山岳部で、遠野の早池峰山にも登ったことがあります
早池峰山は、固有のハヤチネウスユキソウ(エーデルワイス)が咲く山です



山沿いを登ると、「道の駅 種山ヶ原 ぽらん」 がありました
「ぽらん」という名は、宮沢賢治の小説に因んでいるとか

P1010454 - コピー P1010456.jpg


さらに登ると、「種山高原・星座の森」 というキャンプ場に着きました

P1010479 - コピー
P1010465 - コピー
P1010467 - コピー

周囲は広々とした牧草地、夜は星もくっきり見えることでしょう

P1010470 - コピー
P1010469 - コピー

ここ種山高原は、宮沢賢治が何度も訪れていて
「風の又三部」 などの作品を残した所だそうです

P1010459 - コピー
P1010462 - コピー P1010463 - コピー

センターハウスには、売店、レストランのほか
サウナ付きの “薬草の ゆ ” がありました
P1010472 - コピー

親切な管理人さんが、ルルもハウス内に入れてくれて
カズと交替で、管理人さんお薦めの薬湯に入ってきました
P1010474 - コピー


キャンプ場から更に山道を登ると、遮るものもない牧草地が広がっていました

P1010484 - コピー

ルッちゃんを放牧すると、大喜びで走る、走る~♪

P1010486 - コピー

見えなくなるくらい遠くまで、跳ぶように行っちゃいました~


宮沢賢治の作詞作曲「牧歌」は、ここ種山ヶ原を歌った曲です
実際にこの場所で、この歌を手嶌葵さんが独唱した様子をTVで見たことがあります
(ユーチューブでも見ることができます)


P1010496 - コピー

今にも、風に乗って、又三郎が飛んできそうな風景です


岩手 遠野 地図 - コピー


にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村
QR_Code_1553564951 - コピー - コピー
スポンサーサイト



| 岩手紀行 | 05:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

銀河鉄道の夜は明けて~♪ 遠野「道の駅みやもり」

前夜は、宮沢賢治の 「銀河鉄道の夜」 を彷彿させるかのように
ライトアップされた 「めがね橋」 を、列車が暗闇の空に消えていきました~♪
(カズが、素晴らしい動画を撮ってくれたよ!)

感動冷めやまず、その夜はそのまま、「道の駅みやもり」 に車中泊

P1010428 - コピー

夜が明けると、宮守川 に添って、広々とした公園になっていました

一瞬! 川から飛び立つ、カワセミ も目撃したよ♪

P1010440 - コピー

前身の橋桁が一脚、残されていました

P1010436 - コピー


ひとしきり、散歩したり、ルルを走らせた後
この東屋で、朝食を取りました (道路向かいにコンビニがあります)

P1010432 - コピー

P1010435 - コピー


夕べ、暗闇だった 「恋人の聖地」

P1010446 - コピー


休日運航されているという「SL銀河」の案内

P1010443 - コピー

車内は、「銀河鉄道の夜」をイメージした造りになっているそうです

P1010445 - コピー


車中泊したのは我が家だけだったので
ルッちゃんは、クン活しながら心ゆくまで走り回ったよ~♪

P1010431 - コピー


にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村
QR_Code_1553564951 - コピー - コピー

| 岩手紀行 | 07:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

さながら銀河鉄道の夜♪ 遠野「めがね橋」のライトアップ(動画あり)

東北横断鉄道の東和インターを降りてすぐ
「道の駅とうわ」 の東和温泉で、一風呂浴び

283号線の 「道の駅みやもり」 に着いた時には、すっかり陽が落ちて
「めがね橋」 は、すでに煌々とライトアップされていました

DSC05416 - コピー

「めがね橋」は、JR釜石線の「宮守川橋梁」の愛称で
「道の駅みやもり」から見ることができます

宮沢賢治は、前身の「岩手軽便鉄道」をモデルに
「銀河鉄道の夜」 を執筆したとか

敷地内には、時刻表も表示してあって
待っていると、2両続きの下りの列車が通って行きました

DSC05417 - コピー
DSC05418 - コピー
DSC05419 - コピー


少しして、今度は3両続きの上りの列車が来ました

DSC05421 - コピー

カズが、素晴らしい動画に撮ってくれました~♪
[広告] VPS


さながら、「銀河鉄道の夜」 を彷彿とさせられます

休日には、「SL銀河」 の車両も運航されているそうですよ


DSC05429 - コピー
DSC05425 - コピー (2)
「恋人の聖地」のプレートの前で


岩手 遠野 地図


にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村
QR_Code_1553564951 - コピー - コピー


| 岩手紀行 | 05:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

花巻のディープな場所② ビューポイント「円万寺観音堂」

「円万寺観音堂」 という所に来ました
この大きな鳥居を入って、車で山頂まで行かれます

P1010223 - コピー


山頂の鳥居、こちらが表参道で麓から急な階段を登ってきます

P1010220 - コピー 
P1010221 - コピー (2)

山頂からは、花巻の田園地帯が一望 (逆光だった。。。)
P1010209 - コピー

水田の中に、屋敷林が小島のように浮かんで見えます


なぜ、お寺に鳥居が・・・?
同じ敷地内に、神社があり、神楽殿もありますよ

明治時代の 廃仏毀釈 で、観音堂を麓に移して、神社が建てられ
その後、また観音堂をこの山に戻したからだそうです

P1010204 - コピー

この観音堂の由来は、前回の 「清水寺」 と同じ807年に遡ります
蝦夷征伐をした坂上田村麻呂が建立して、馬頭観音を祀ったといわれています


その坂上田村麻呂が植えたという2本の杉の木のうちの1本が残っていました

P1010199 - コピー - コピー
P1010202 - コピー
祖母杉 (おおばすぎ)

樹皮だけの幹で重さを支えて生き残っているという、驚異の杉です

P1010205 - コピー


また、ここの寺には、多田等観 という方の興味深いエピソードがありました

多田等観さんは、秋田市土崎出身
チベットで10年修行し、ダライ・ラマから外国人として初めて大僧正の位を授けられたそうです
第二次大戦の戦禍から経典や仏像を守るため、花巻に疎開してきました

P1010211 - コピー - コピー

やはり花巻に疎開していた 高村光太郎 とも深い親交があったのですね


にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村
QR_Code_1553564951 - コピー - コピー

| 岩手紀行 | 08:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

花巻のディープな場所①「清水寺」

宮沢賢治と高村光太郎ゆかりの地を巡った後、訪れました

DSC05388.jpg
(ルッちゃん、急に動いて、写真からはみ出しちゃった)


DSC05396 - コピー

山門を通って、まずはお詣り

DSC05399 - コピー

「音羽山 清水寺」

京都の「清水寺」と同じ名前の、小さいながら由緒あるお寺です

807年、坂上田村麻呂の草創で、「日本三大清水寺」の一つとして伝えられているそうです

DSC05400 - コピー


山門が迫力ありました

DSC05397 - コピー


外階段で2階に登ってみました

DSC05394 - コピー

組み物や龍の彫刻が素晴らしい

DSC05404 - コピー

DSC05395 - コピー

「当国三十三観音霊場」の第一番札所になっていて
2階には、三十三体の観音像が安置されているそうです

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村
QR_Code_1553564951 - コピー - コピー

| 岩手紀行 | 05:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

花巻温泉~賢治ゆかりの「釜淵の滝」

花巻温泉街 を抜けて、台川 の上流へ

宮沢賢治 の作品にも登場する 釜淵の滝 に向かいます

DSC01604 - コピー - コピー

歩くこと15分、滝の流れる音が聞こえてきて、滝が見えてきました

DSC01605 - コピー 
DSC01607 - コピー

釜淵の滝 全容です

DSC01618 - コピー

岩盤が釜を伏せたような形から、「釜淵」と名付けられたとか

DSC01615 - コピー DSC01614 - コピー

滝を上流にぐるりと散策して、別な山道を抜けるとまた温泉街に戻ります

DSC01620 - コピー

DSC01603 - コピー


花巻温泉には数回来ていて、宿にも泊まったことがあります

特にバラ園は見事で、我が家のバラ数種はここで買い求めたものです


観光バス発着所に、蔵を模したカフェができていました

DSC01624 - コピー 
DSC01625 - コピー 
DSC01623 - コピー

ワンコ同伴は✕ということで、外のベンチでいただくことにー

DSC01632 - コピー

サイフォンで入れたコーヒーはとても美味しかったけど
紙コップでなくいただきたかったなぁ



この蔵の前のベンチに座っている姿・・・
“倉敷”や“伊勢神宮のおかげ横丁”を思い出します
やはりワンコ入店✕で、人通りの多い店先の縁台に座って、飲食したっけ~

<倉敷にて>
PA041657 - コピー

<“伊勢神宮のおかげ横丁”にて>
DSC00714 - コピー (2)


にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村
QR_Code_1553564951 - コピー - コピー

| 岩手紀行 | 09:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

岩手・花巻 “下ノ畑ニ居リマス” 賢治の「羅須地人協会」

花巻農学校の教師を辞し、「農民になる」といって
宮沢家別邸で、農耕生活を始めた賢治

DSC01554 - コピー

現在は、花巻農業高等学校内に移築され
「宮沢賢治先生の家」として、公開されています

DSC01586 - コピー

DSC01588 - コピー

周囲は、広い庭園として整備されていました

DSC01559 - コピー


賢治は、この家で、自給自足の生活を送りながら
「羅須地人協会」 を設立、農業指導やコンサート、朗読会などを行いました

DSC01560 - コピー - コピー - コピー 
DSC01567 - コピー 
DSC01571 - コピー


「銀河橋」 この橋を渡ると、花巻農業高等学校

DSC01601 - コピー

“ ワレラ ヒカリノ ミチヲフム ” 賢治の言葉が掲げられていました

DSC01595 - コピー

賢治の詩は、学校の精神歌にもなっています

DSC01576 - コピー DSC01602 - コピー

* * *

日本人なら誰でも知っている有名な詩・・・「雨ニモマケズ」

DSC01788.jpg

この詩は、賢治の死から5カ月後に偶然発見されたそうです
トランクの裏ポケットに入っていた小さな手帳に
数ページにわたって綴られていました

* * *

「羅須地人協会」があった跡地(桜町)にある「雨ニモマケズ」の詩碑は
高村光太郎の筆になるそうです

光太郎は、賢治の才能に早くから気づき
賢治亡き後は、作品を世に広めることに尽力しました

東京のアトリエを空襲で焼失した光太郎は
手を差し伸べてくれた花巻の宮沢家に疎開し
戦後も七年間、花巻の原野で独居生活を送りました

宮沢賢治と高村光太郎
花巻は、二つの才能が時空を超えて交錯した町です


にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村
QR_Code_1553564951 - コピー - コピー

| 岩手紀行 | 08:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

幻想的な「童話村」ライトアップ②「賢治の教室」など~♪

詩人、童話作家、地質学者、農業指導者・・・
宮沢賢治、わずか37年の生涯は、多面的でした

「童話村」の「賢治の教室」 は、それぞれ一棟ずつのログハウスに
「石」 「鳥」 「星」 「動物」 「植物」 等の教室が並んでいます

P1010353 - コピー - コピー - コピー
P1010323 - コピー - コピー - コピー

この北斗七星のマークがある棟は、「星」の教室

P1010341 - コピー - コピー

中に入ると、「銀河鉄道の夜」を彷彿させるような空間です

P1010326 - コピー 
P1010333 - コピー 
P1010327 - コピー P1010330 - コピー (2) 
P1010334 - コピー
P1010338 - コピー
P1010336 - コピー
P1010339 - コピー


この建物は 「石」の教室、ダイヤモンドのマークが掲げられています

P1010317 - コピー 
P1010310 - コピー 
P1010315 - コピー 
P1010312 - コピー

童話の中の言葉が添えられていて
賢治の自然に対する慈しみや優しさと共に
宇宙や見えない世界まで、その洞察の深さに驚かされます


広場では、ひときわ大きなオブジェが輝いていました

P1010363 - コピー 
P1010362 - コピー P1010365 - コピー


初めに通った 「妖精の小径」 もすっかり陽が落ち、
暗闇の中、ますます幻想的です

P1010412 - コピー 
P1010393 - コピー

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村
QR_Code_1553564951 - コピー - コピー

| 岩手紀行 | 05:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

岩手花巻・ファンタジックな世界~♪ 賢治の「童話村」ライトアップ①

花巻にある 「宮沢賢治 童話村」
今年も、7/27~11/10までライトアップされます
注:指定日のみ)

「童話村」は、リニューアルされた「宮沢賢治記念館」の道路を挟んだ向かい側
隣りには、「花巻市博物館」があります

(今回の写真は、3年前、賢治生誕120年の年に訪れた時の様子です)

P1010254 - コピー P1010257 - コピー

この 「銀河ステーション」 が、童話村の入口 (ワンコは入場✕)

P1010268 - コピー 
P1010269 - コピー 
P1010271 - コピー


まず、「妖精の小径」 へ向かいました

P1010279 - コピー
P1010283 - コピー

ライトアップが始まっていました

P1010277 - コピー P1010278 - コピー 
P1010285 - コピー P1010288 - コピー

「山野草園」 へと続いています

P1010296 - コピー

ステンドグラスのオブジェの光が、周りの自然と融合して
ファンタジックで幻想的な世界を映し出しています


続いて、「天空の広場」 を抜けて 「賢治の学校」

P1010299 - コピー 
P1010300 - コピー 
P1010304 - コピー 
P1010302 - コピー 
P1010301 - コピー


「賢治の学校」 の建物の全容

P1010345 - コピー

時計は6時近くを指し、陽も落ちてきました

P1010352 - コピー P1010372 - コピー

盛り沢山な「童話村」♪ 次回に続きます
 
にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村
QR_Code_1553564951 - コピー - コピー

| 岩手紀行 | 06:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

花巻「高村光太郎記念館」~「智恵子の紙絵」展♪

光太郎が終戦後7年間暮らした 「高村山荘」 周辺は、広い散策路になっていて
その一角に、「高村光太郎記念館」 がありました

DSC05367 - コピー

光太郎の彫刻、詩、書などが意匠を凝らして展示されています(館内撮影✕)


入口にはあったマイクロバスは
光太郎とも縁のあった、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」のラッピング

DSC05365 - コピー 
DSC05363 - コピー 
DSC05362 - コピー


私たちが訪れた3年前、企画展 「智恵子の紙絵」 が開催されていました
(光太郎没後60年、智恵子生誕130年の年)

DSC01750 - コピー

智恵子は、当初、洋画家を志していたものの、挫折
その間のいきさつを、光太郎はこう書き残しています

智恵子はかねて油絵を研究していたが
パレット上の絵具をどうしても克服し得ず
その絶望感から一度はアダリン自殺を企てた

精神病院の一室で
今、油絵具から解放された造形上の喜びが
これらの切抜絵の全面にあふれみなぎっている


智恵子の切り抜き絵を “紙絵” と名付けたのは、光太郎です


ミュージアムショップで、智恵子の紙絵の絵葉書や画集を買ってきました

DSC01757 - コピー 
DSC01755 - コピー


晩年、病室に泊まり込んで付き添っていた智恵子の姪
宮崎春子が記した「高村光太郎と智恵子」の中から「紙絵のおもいで」を読むとー

智恵子は、折鶴を折っていた紙や封筒や包装紙など身近な紙で
小さなマニュキア鋏を使い、切り抜き絵を作り始めたのだそうです

DSC01754 - コピー

背を向けて、おじぎをしたりひとりごとを言ったりしながら一心に制作し
出来上がると風呂敷に包み、押し入れに隠してしまい
光太郎が来ると、うやうやしく押し入れから風呂敷包みを出して見せたといいます



智恵子の命日10月5日は
昔、教科書にも載っていた光太郎の詩 「レモン哀歌」 にちなみ
“レモン忌” と名付けられています


にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村
QR_Code_1553564951 - コピー - コピー

| 岩手紀行 | 07:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |