FC2ブログ

ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、手織りを再開しました。 ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力に縄文も加わりました。

2017年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ルルも一緒♪ カフェテラスでランチ(2)郊外の花屋さんで~

ボク ルル (女の子だけど、なぜかボク)

ボクも入られるカフェやレストランってなかなかないんだけれど
テラス席ならペット同伴OKという店を、ユウが聞きつけてきて
11月に入ったばかりの暖かい日に連れて行ってもらったんだ

DSC01791 - コピー

花と園芸の「ガーデンガーデン」
広い敷地と大きな建物のお店は、ハロウィンが終わったばかりなのにもうクリスマス一色

DSC01728 - コピー

店内はナント、ワンコ連れOK

DSC01720 - コピー

カズに連れられて見て回り、ユウは写真を撮っていました

DSC01723 - コピー


さてカフェは、というと、敷地内のはずれに建つ小屋風の建物がそれでした
「カフェ・サジ」
DSC01788 - コピー DSC01765 - コピー

開店時間に合わせて行ったんだけど、すでにほぼ満席。。。
5席ほどあるテラス席は隅っこの小さなテーブルしか空いてなかった~

DSC01767 - コピー

ナント隣りのテーブルには、天敵のニャンコ がいるではないか
キャリーバッグから出してもらって、抱っこされてこちらを睨んでいる

DSC01771 - コピー

ボクはカズに押さえつけられてるので、ウーウー威嚇するだけだった。。。
外食にニャンコ連れは、初めて見たよ


お店の人が慌ただしく、本日のメニュー(一種類のみ¥950)のコピーを柵に貼って行きました
「以前は料理と一緒に説明していたのだけど、最近は混んで忙しくスミマセン」 とのこと
なんでもテレビでも紹介されたらしく、口コミって凄いね

DSC01769 - コピー

隣のニャンコとボクには、カップに入った水を持ってきてくれたよー

お料理が運ばれてきましたよ
一つ一つが少量ながら、手が込んでいる

DSC01777 - コピー

ユウは、美味しい美味しいと喜んでいる
ユウは、目と雰囲気を楽しみたい方なんだ

一方カズは、少しずつなので食べた気がしない
一品(トンカツとかステーキ)をがっつり食べた方がいいという
この辺は、二人合わないようだね

DSC01784 - コピー

ボクも一通りもらったけど、肉がないのが残念だったなあ ~

それとユウは、テラス席が簡易な造りで惜しいと言っていました


食後は、植木やエクステリアを見て回りました

DSC01741 - コピー 
DSC01745 - コピー

カズは柑橘類コーナーで、いずれはユズを植えたいと物色していたよ

DSC01746 - コピー

ユズの現在の北限は、青森県と言われていて
東北地方でも栽培可能な数少ない柑橘類なんだってー

DSC01732 - コピー

ボクは、人が多くて、そのうえ天敵のニャンコにも会って落ち着かなかったワン。。。
広い原っぱで駈け回った方がいいなあ~


にほんブログ村
スポンサーサイト

| 宮城紀行 | 11:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ルルも一緒♪ カフェテラスでランチ(1)七つの浜の一つへ

遡ること9月某日、塩釜仲卸市場に買い出しに行ったついでに、ちょっと足を伸ばしてー
ワンコは店内✕ですが、テラス席はOKということで寄って来ました

仙台圏で海から一番近いカフェだそうです

七つの浜からなる 七ヶ浜町 しちがはままち
その一つ 菖蒲田 しょうぶた は、外洋に面した広い海岸です
明治21(1888)年に開設した東北最初の海水浴場で
当時、海水浴は「うみみつあみ」と呼ばれ、病気療養を目的としたものだったそうです

今は疎らになった松林の中に建っていました
DSC00466 - コピー - コピー
「Art Cafe Bar SEA SAW」

後ろに数本見える、下に枝のない松の木
ここも東日本大震災で、もろに津波の被害を受けた場所です
幹だけヒョロとしたところまで(12mもの)津波が押し寄せたのですね
奇跡的に残った松の木たち、その足元には
新しい松が1mくらいの高さまで成長してきていました

DSC00476 - コピー 
DSC00478 - コピー DSC00531 - コピー


オーナーさんは震災後にボランティアとして訪れ、その後移り住んできて
復興の拠点となるようにと、昨年お店をオープンさせたそうです

海側から見た三角屋根のお店と
店の脇には、サーファーや海水浴客のためのシャワーブースもありました
DSC00532 - コピー

菖蒲田海水浴場は、震災5年目の昨年、やっと10日間限定
今年は一か月間限定で、海水浴が解禁となりました
砂浜や海底の瓦礫を撤去して安全が確保されるまで、5年の歳月を要したのです

シャワー棟の上にある展望デッキからテラス席を見る
DSC00512 - コピー

ぱらっと残った松の木と流木アートを見ながら、テラス席でランチ
高く真新しい防潮堤が築かれていて、海は見えない

地元の魚を使った「旬のSEA SAWランチ」は、台風で漁に出られなかったため、お休み。。。

一日20食限定の「七ヶ浜産ワタリガニのトマトクリームパスタ」をいただきました
DSC00492 - コピー

カズは「ステーキランチ」 とても美味しくてリピートしたいと言っています
DSC00486 - コピー 
DSC00490 - コピー 
DSC00498 - コピー

帰り際に、ワンコ連れのお客様が隣りのテーブルに着きました
犬見知りのルッちゃん、警戒MAX!
DSC00470 - コピー

ワンちゃんたち、きょうだいだそうです
キャリーカーには、扇風機までついていますよ
DSC00483 - コピー


食後、そびえ立つ防潮堤に登って海岸に出てみました
DSC00515 - コピー 
DSC00521 - コピー

日差しが暖かく、海も穏やかな、初秋の一日でした

DSC00502 - コピー 
DSC00504 - コピー 
DSC00528 - コピー


にほんブログ村

| 宮城紀行 | 06:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

岩手北上のディープな魅力(4)みちのくのロシア料理店

ずっと気になっていたお店に、やっと来ました
創業が昭和48年という、北上市にある老舗のロシア料理のお店「トロイカ」

お店の外観は、通り過ぎてしまいそうなくらい簡素ですが
中に入ると木の床に木のテーブル、暖炉もありました

DSC01503 - コピー DSC01491 - コピー

メニューは
ボルシチ、ビーフストロガノフ、シャシリック、ペルメニ、ロールキャベツ、つぼ焼き・・・
(ロールキャベツって、ロシア料理だったのね)

ちょっとお値段がはりますが、コース料理にしました
(ボルシチコース¥2210、ビーフストロガノフコース¥3290)

ボルシチ  ピロシキ
DSC01496 - コピー

牛肉と野菜がたっぷり (ビーツ?の形はない)
サワークリームの酸味がアクセントですね

ピロシキは揚げたて、中にお肉とゆで玉子が入っていました

ビーフストロガノフ  ピロシキ
DSC01499 - コピー

良質の牛ヒレ肉がごろごろ (お値段分はある)
デミグラスソースでなくて、クリーム仕上げです

店主さんは東京でロシア料理を勉強してきて、日本人の口に合うように工夫したとか

チーズケーキ  ロシアンティー
DSC01500 - コピー

デザートのチーズケーキは評判通り、濃厚
それもそのはず、チーズ工房を併設していて、自家製のチーズを使っているそうです
久し振りのロシアンティーも美味しかった~

ロシア料理をいただくのは、2度目です
ちなみに、一昨年北海道稚内で、初めて食べたロシア料理はこちら↓
稚内「副港市場」でウニ&ロシア料理



にほんブログ村

| 岩手紀行 | 08:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

岩手北上のディープな魅力(3)「みちのく民俗村」

DSC01486 - コピー

北上川土手沿いの桜が見事なことで知られる 「北上展勝地」
すぐ脇、小高い丘の上に 「みちのく民俗村」 はありました

DSC01449 - コピー

縄文時代から江戸時代までの家屋が復元・移築されています
(ここも樺山遺跡の「縄文館」と同じく無料でした! 但しワンコは入村✕)


縄文時代の竪穴式住居
DSC01450.jpg


平安時代の竪穴式住居
DSC01453 - コピー

東北の山村では、平安時代になってもこんな生活をしていたんだー
家の中に入ると一段低い床は土のまんま
かまどが設置されている
DSC01452 - コピー


そしてナント、室町時代も! 竪穴式住居
DSC01455 - コピーDSC01454 - コピー

今から約650年前の建物跡から復元されたもので、平安時代の竪穴式住居の流れをくみ
古代の民家から江戸時代の民家に変化する中間の農家の住居形式だといわれている
特徴としては、平面が長方形で、柱の数が多いそうです


馬と同居していた、「南部曲り家」 二軒
DSC01462 - コピー
DSC01463 - コピー


南部藩と伊達藩では、家の造りが異なってきます
DSC01468 - コピー


江戸時代後期の家格の高い農家の屋敷
DSC01471 - コピー

入口に “長屋門”、奥が母屋
長屋門は、岩手県南から宮城県北の伊達藩内に多く見られるそうです

門をくぐって、母屋側からみた長屋門
DSC01469 - コピー

右側が馬屋、左側が作業場(物置)になっています

母屋の写真は撮り損ねましたが、部屋数が多くしっかりした造りでした


にほんブログ村

| 岩手紀行 | 08:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

岩手北上のディープな魅力(2)「鬼の館」

20年程前、北上市郊外にある秘湯夏油 げとう 温泉に行った時のこと
その道すがらに、「鬼の館」という変わった名の建物があり、立ち寄っていました

「鬼の館」とは、“鬼”をめぐる様々な姿を紹介した北上市立のミュージアムでした
(当時は、開館したばかりの頃だったかな)

今回せっかく北上市に来たことだし、記憶も薄れているので再び訪れました

DSC01550 - コピー DSC01506 - コピー

玄関を入ると、高さが3mもある巨大な鬼の面がどーんとお出迎え

DSC01522 - コピー

ここ北上市には、「鬼剣舞 おにけんばい という民族芸能が伝承されています

DSC01521 - コピー (2)


展示室に足を踏み入れると、照明が薄暗く、まさに“逢魔が時”のよう 、ちょっと怖い

DSC01533 - コピー DSC01526 - コピー - コピー 
DSC01530 - コピー DSC01547 - コピー

鬼伝説は、日本各地に、そして世界各地にも、あまたあるんですね
鬼の世界も様々深いものがあると、感じ入ったところです

“鬼”とは何か・・・

「鬼にもなれば仏にもなる」という諺がありますが
人間の両極性を表しているのでしょう
鬼は、心の奥に棲んでいる。。。


また企画展として、石巻在住の大島八寿子さんのパッチワーク展が開催されていました
ひろすけ童話の「泣いた赤鬼」から、鬼さんが50面

DSC01517 - コピー 
DSC01512 - コピー

作者の方の心の機微を表現しているかのように
鬼さんはいろいろな表情していていました


にほんブログ村

| 岩手紀行 | 08:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

岩手北上のディープな魅力(1)縄文のストーンサークル「樺山遺跡」

縄文(時代・文化)に興味を持ち始めると
これまで気に留めていなかった世界の扉が開かれてきました

ここ東北には、縄文時代の遺跡がたくさん見つかっています
1万5千年前に、すでに人々が住んでいたのですね


小春日和の一日、岩手県北上市を訪れました
北上市は花巻市の南隣に位置し、仙台から高速道で2時間弱で着きました

ここに 樺山遺跡 (かばやまいせき) という
今から5000~4000年前(縄文前期から中期)の遺跡があります


奥羽山脈を望み、裾野に広がる北上盆地には北上川が流れている
見晴らしの良い小高い丘に、竪穴式住居群が復元されていました

DSC01396 - コピー 
DSC01402 - コピー

川で魚を釣り、森で狩りをし
春は山菜、秋には木の実やキノコ
渡り鳥が飛来した冬こそは食が最も豊かな季節だったという


特にこの遺跡は “ストーンサークル”とも呼ばれている
“立石をともなう石組の配石遺構” が発見されたことで知られています

DSC01433 - コピー 
DSC01419 - コピー

モニュメントの数は、不規則に 37 個
中央に花崗岩の川原石が立てられ、周りに山石が放射状に並べてある

DSC01420 - コピー

配石遺構の多くは墓地であったらしいが
ここの石の下を掘ってみたところ、人骨は見つからず
別な場所に、甕棺墓(かめかんぼ)が見つかっている
祭祀場?だったのか・・・謎である

DSC01421 - コピー 
DSC01422 - コピー 
DSC01427 - コピー

“縄文のストーンサークル”としては、秋田県鹿角市の「大湯環状列石」が有名ですが
樺山遺跡の方が古く、ここを源にしているのではないかと推察されているそうです


駐車場脇に、「縄文館」(無料)があり
遺跡に関するビデオを上映し、ストーンサークルの実物大の模型などが展示されていました

DSC01415 - コピー 
DSC01411 - コピー 
DSC01413 - コピー




にほんブログ村

| 岩手紀行 | 07:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |