ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

2017年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

夏ドライブ(9)安曇野のガラス美術館と温泉に癒されて~♪

安曇野はスルーするつもりでした
前に黒部ダムに来た折、わさび園や美術館巡りをしていたのでー

ところが急きょ、今夜の宿が安曇野になったのです

昨晩は道の駅にP泊しましたが、なにせキャンピングカーのようにはいかなかった~
よく休めず疲れが取れなくて、やっぱり宿に泊まろうということになったのです

朝一番、アリスのおかんさんから教えていただいていた宿を検索してみました
シーズン中で、金曜の夜なのにー
なんと予約が難しいといわれていた公共の宿が一部屋空いていたのです
それも当日、ネット直前割引で、リーズナブル

大町から南下して、宿へ向かいました
“安曇野アートライン”という道を走る
水と緑が豊かな風景、癒されるなあ~

おっ、地図を見ると、この道沿いにはー
おかんさんお薦めのガラスの美術館があるではないか
もう夕方でしたが、その美術館は18時まで、 間にあったぁ

安曇野アークヒルズミュージアム

DSC09562 - コピー 
DSC09588 - コピー DSC09586 - コピー 
DSC09561 - コピー

美術館、吹きガラス工房、ガラス制作体験、ショップ、レストラン・・・
たくさんのガラスの光と色に目くるめくよう

ショップは、器からアクセサリーなど多彩
べネチアングラス、北欧ガラス・・・作家ものまで

DSC09564 - コピー 
DSC09563 - コピー DSC09571 - コピー
DSC09579 - コピー


もっともっと浸っていたかったガラスの世界を後に
今夜の宿 「みさと温泉 ファインビュー室山」

目の前に広がる、安曇平の眺望

DSC09592 - コピー 
DSC09595 - コピー DSC09599 - コピー

「休暇村 乗鞍高原」はバイキングでしたが、ここは会席風
テーブル席に座ったままで、食前酒から順番に十何種類のお料理が運ばれてくる
イワナのお刺身と塩焼きがふっくらして美味しかったぁ~

露天風呂から夜景と星空を眺めるつもりが、疲れとビールでバタンキュー
翌朝入浴しましたが、泉質は透明でぬるりとしたいいお湯でした

短い滞在でしたが、北アルプスの麓
安曇野の美しい緑と清らかな水の平原に安らぎました~♪


いいね

にほんブログ村
スポンサーサイト

| 長野紀行 | 11:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |