ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

2017年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

夏ドライブ・信州(6)風穴の里・みやま織り

「道の駅 風穴の里」 は、松本方面への帰り道158号線沿いにありました
ここで一休憩、施設は観光案内や売店の品揃えなど充実しています

DSC09076.jpg DSC09137 - コピー

この太鼓橋を渡ると、風穴が見学できるということで行ってみることに

DSC09107 - コピー

昔、街道だったという道を歩いて行くと

DSC09111 - コピー

見学用の風穴小屋があり、中に入ると温度はナント5℃
(写真の温度計は私たちが入ったら1℃上がってしまったのだ)
お酒などいろいろ貯蔵されています

DSC09127 - コピー

片側一面に石が積み上げられていますがー
DSC09122 - コピー

構造はこんなふうになっているのですね
DSC09116 - コピー

この地区では、古来より山の斜面から冷たい空気が出てくる場所があり
そこに小屋(室)を作り、冷気を溜めて、食品を保存していたそうです

全国で初めて、蚕の卵を冷蔵保存することで
孵化の時期をを調節し、絹糸の増産につなげたそうです

いにしえに思いをはせてー
昔、街道を旅した人たちも、ここで涼んでいったのですね


資料館は休館日でしたが、向かい側に古民家風の建物がありました
「みやま(深山)織り」という、織物の工房のようです

DSC09079 - コピー DSC09081 - コピー

中は織り機がたくさん並んでいて、裂き織りの体験ができるようになっていて

DSC09088 - コピー  
DSC09098 - コピー

裂き織りの小物類も販売していました (写真撮影OKもらいました)

DSC09102 - コピー - コピー DSC09104 - コピー

お出迎えしてくれたシーズーちゃん

DSC09090 - コピー

足元のマットも素敵ですね


いいね

にほんブログ村
スポンサーサイト

| 長野紀行 | 07:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |