ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

2017年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

色に音を感じて(3)ムンカベルテ

前回の続き、「せんだいメディアテーク」
1Fのミュージアムショップのレンタルボックスは、商品の入れ替えが行われたらしく
その日は、ムンカベルテ(英・モンクスベルト)で織った
コースター、文庫カバーなどの小物類が並んでいました


これらも生成りの麻の地に、部分的にカラフルな緯糸が織り込まれていて
色が、五線譜に諧調を刻んでいるように見えて、音を感じたのです



ムンカベルテは、私も以前織ったことがあります
(少ししか残っていませんが、物入れから出してみました)

DSC08062 - コピー

DSC08088 - コピー

DSC08072 - コピー

麻糸の地に、色糸はフレミッシュ織り用のスウェーデンのウールを使っています


私は十数年前、暖かい色合いのスウェーデンの織物に魅せられて
スウェーデンで織りを勉強してきた方(故人)に
フレミッシュ ムンカベルテ ローゼンゴン ブンデン
一通り教えていただきました


ムンカベルテもローゼンゴンも沢山織りました
特にブンデンは、方眼紙に図形化して、サンタや猫、花などの絵柄を織って
額に入れたり、クリスマスカードにしたりしました


そしてスウェーデン好きが高じて、“ヴェヴ メッサ” という織物の祭典を
観るために、スウェーデンまで出かけました


その時の写真はたぶん古いPCに入ったまんま・・・
おいおい、整理して編集し、ブログにまとめられたらと思っています


いいね

にほんブログ村
スポンサーサイト

| weaving | 07:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |