ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

2017年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

春の恵み「花わさび」のスパゲッティなどなど~♪

庭の片隅にほんの少し 「葉わさび」 があります
白い可憐な花を咲かせるこの時期は 「花わさび」 とも呼ばれます

DSC07534 - コピー DSC07529 - コピー

花も食べられるのだけど、なかなか殖えないので、食べるのはもったいな~い!

それが今年は、お隣さんからこんなにたくさんいただきました

DSC07604 - コピー

仙台市郊外のご実家に自生しているのだとか、うらやましい~
見えにくけど、 をたくさん付けていますよ

さっそく下処理というか、辛み出し (私のやり方は、簡単)
3cmくらいにざく切りして塩でもみ、ざるごとお湯にざぶんとくぐらせて
お湯を切り、タッパーに入れてめんつゆを少しかけ、蓋をして振るだけ

DSC07606 - コピー DSC07611 - コピー


いつもの カンタン・ダイタン・チャッチャッと料理
~ 「花わさび」尽くし ~ お昼にお隣さんをお呼びしました

「花わさび」 の スパゲッティ
オリーブオイルにニンニク、唐辛子を入れて熱したところに
茹でたスパゲッティと花わさびをあえただけ

DSC07616 - コピー

お隣さんからは、わさびの葉っぱがあまり辛くないので食べやすいねー
と、いうコメント。。。(それじゃダメなんですネェ。。。)
そういう訳で、おばあさん直伝という辛みの出し方を教えていただきました
次回から挑戦してみたいと思います


定番の お豆腐 に乗っけてー
DSC07521 - コピー


そして、私の 思いつき、カンタン料理  (料理名はナシ)
パイシートに カマンベールチーズ を乗せて、オーブントースターで焼いてみました
とろけたチーズと花わさびの辛みが good matching♪

DSC07524 - コピー


酒粕 ともあえてみました
DSC07644 - コピー

お酒に弱いお隣さん、一つまみで顔が赤くなってしまったね


後日、お隣さんから教えていただいた辛みの出し方をやってみました
かなり辛い、けど、うま味もあります~♪

以前、ステーキにわさび が付いてきたのを思い出し、作ってみました
牛の挽肉に塩、胡椒だけしたハンバーグ と (肉はあまり捏ねない方が良いようです)
牛の薄切り肉をしゃぶしゃぶして、さっと醤油をまぶしたものに、添えてー

DSC07632 - コピー DSC07909 - コピー


アボガト とも相性いいです
DSC07915 - コピー


私は イカの粕漬け が好きなのですが、今のイカは小さくてお高いのでタコにしました
<タコ(の頭)と花ワサビの酒粕の和え物>

DSC07646 - コピー


春の恵み 「花わさび」三昧♪
残りは密閉したビンに詰めて冷凍しました
誰か、我が家に食べに来て~

いいね

にほんブログ村
スポンサーサイト

| foods&cooking | 16:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

白い花が咲く繊維用の亜麻の種を蒔きました~♪

亜麻には、油糧用と繊維用があるのを知ったのは、ずいぶん後のことです
(別に観賞用として宿根草もあります)

当別町の「亜麻まつり」で撮ってきた写真を見直していたら
その違いを表わしているパネルを見つけました

DSC04971 - コピー

DSC04971 - コピー (2) - コピー  DSC04973 - コピー - コピー


当別町や宮城の亜麻畑は油糧用で、青い小花がさざ波のように密集していました
外国では、青い湖 に喩えられているとか

現在、北海道で繊維を採っている方たちが栽培しているのは、繊維用だと思われます
古くは北海道でも繊維用に“あおやぎ”という品種が植えられていたそうです


油糧用の宮城の亜麻からでも繊維が採れるので、十分かなと思っていましたが
ナントナント、繊維用の亜麻の種 が手に入りました

“岩手のターシャ・テューダさん” 釜石のS さんが送ってくれました

Sさんのことは度々紹介してきましたが
“ワイールドフラワー”という10種ほどの種が入ったものを取り寄せたら
その中に初めて見る青い花が咲き、それが亜麻だったということです

種を採って翌年植えたら、青い花の中に背の高い白い花が咲き
調べてみたら、繊維用だということを知って、殖やしてきたそうです


こんなにたくさん送っていただきました

DSC07456 - コピー

日本一貴重な繊維用の亜麻の種です~!


昨年は、北海道から送ってもらった種をプランターに植えましたが
たぶん肥料のやり過ぎが原因で、惨敗していました

青く波打つ湖は、名取で観賞させていただくことにして
今年は畑の一隅に、白い花が咲くという繊維用の亜麻を植えてみることにしました

DSC07486 - コピー

昨年暮れ、苦土石灰を混ぜて中性の土にした所に、筋を作ってばらまきしました

DSC07473 - コピー

DSC07475 - コピー

DSC07467 - コピー (2)

ターシャさんの本には
「亜麻は畑にぎっしり植える、そうすると両側から押され、茎がまっすぐ高く伸びる」
と、記されています


この歌を口ずさみながら、種を蒔きました
(本で読んだのでメロディまではわからない)

メキシコ・インディアンがトウモロコシの種を蒔きながら歌ったという
伝承歌謡 「トウモロコシの歌」
トウモロコシをアマに、カラスをスズメに替えてー

アマの種が泣いている
《なぜ埋めたのか》と

土の中のそのすすり泣き
スズメが聞いて
掘って取り出し スズメが食べた

そこで私が言うのです
《三日間は泣いちゃいかん》と
そうしたら おくれるのです
芽が出て大きな生涯を

アーイ アーイ 種よ 種よ
アーイ アーイ 泣くな 泣くな

そうすれば
おまえは芽になるだろう



スズメについばまれないように、網を掛けましたよぉ~!


どんな花が咲くのかな、背の高さや繊維の量は・・・?
もうもう、ワクワク
ワンコのルルは嬉しいと跳びはねたり、駆け回ったりしますが
私も種を植えた後は、畑の周りをスキップして弾んでいました
もうバアさんだからドタドタだけど、心は嬉しくて嬉しくてルルのように~♪


名取の亜麻の播種(ハシュ)も今週だと、農業センターの庄子先生から連絡をいただきました
見たいのはヤマヤマですが、たぶん見学者も多いことだろうし
作業に差し障るのではないかと、控えることにしました

芽を出したころ、ふらりと見に行こうかな~



にほんブログ村

| 宮城の亜麻 | 15:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

手もじりで「紗」を織ってみる

もじりの糸の動きを確かめるために
ハンディルームで、手ですくってもじって、まず「紗」の試織をしてみました

DSC07454.jpg

(織りの先生は、“本紗” と言っていました)


DSC07298 - コピー

DSC07310 - コピー

DSC07300 - コピー

緯糸がしっかり固定されているので、隙間があっても糸は動きません

DSC07285 - コピー


Long time a go ですけど、私が教えていただいた時は、4枚綜絖で織りました
(平織の綜絖枠2枚、半綜絖枠1枚、半綜絖を留める綜絖枠1枚)

半綜絖が1つだと、絡む糸と絡まれる糸がずっと同じなので
テンションが違ってくることと、開口も良くありませんでした

半綜絖を2つ作って、綜絖は6枚以上が理想的だそうです
(平織の綜絖枠2枚に、半綜絖枠2枚、半綜絖を留める綜絖枠2枚)

ふむふむ・・・

作品の構想が浮かんできたよ♪
でも、まだ内緒だよ。



にほんブログ村

| weaving | 17:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

吉田紘三さんの本で「半綜絖のもじり織」を見る

半綜絖のもじり織 についての技術的な資料はあまりありませんが
吉田紘三さんのこの本の中に、「もじり織を織る」の章で紹介されています

DSC07377 - コピー


半綜絖の仕掛けのセットの仕方や糸の通し方、組織図や開口の様子などが
写真付きで、コンパクトながら詳しく説明されています

DSC07378 - コピー

DSC07380 - コピー


半綜絖の仕掛けで織るもじり織は、紗、絽、羅と、その変化組織に分かれます

紗 :
隣り合う2本の経糸が左右に入れ替わってからみ、緯糸で止めたもの

絽 :
紗と平織(3段以上)を組み合わせたもの

羅 :
一本の経糸が左右の経糸とからみ合い複雑な動きをする高度な技術


手ですくってもじれば、自由で大胆な模様ができますが、時間がかかります
半綜絖の仕掛けは制約があるもののタイアップさえすれば、どんどん織り進められます


夏物用として、細い糸で繊細に織られた絽の着物
複雑にからみ合った羅の帯は涼しげですね
特に、襦袢が透けて見える薄手の絽の着こなしは、粋です♪


日本の伝統、先人の知恵は、素晴らしい!!!



にほんブログ村

| weaving | 08:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リネンの糸で「半綜絖のもじり織」はどうかな・・・

リネン(亜麻)の糸で感触の良い布を織ってみたい

色やデザインは封印することにしよう

封印するからには、組織に凝りたいー


どんな組織がいいか、いろいろ考え巡らせて、思いついたのが

半綜絖のもじり織


以前、織りを勉強していた頃、半綜絖のもじり織を教えてもらっていました

物入れの奥から、その時に手作りした 半綜絖の仕掛け を引っ張り出してみました

DSC07348 - コピー (2)

先生は、この仕掛けのことを “ふるえ” と呼んでいました

でも、もうぐちゃぐちゃで、訳が分らない。。。


その時に、この半綜絖を使って織ったものです

DSC07345 - コピー (2)

DSC07341 - コピー

本紗と観音紗 (絹・化学染料)


きちんと習得しないままだったので、再チャレンジしようと思います
(実験作で終わるかもしれない。。。)

宮城産の亜麻の糸も、どこかで使えたらいいな~



にほんブログ村

| weaving | 08:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |