FC2ブログ

2015年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ネパール支援「佐野碧コンサート」in仙台「藁の家」

4月25日、ネパールで大地震が起きました。

その時カトマンズにいた知人の佐野優子さんは建物内にいたそうですが、ご無事が確認できました。

佐野さんは仙台出身で、ネパールを拠点に様々な活動をしている方です。
三年前「ネパール仙台文化交流展」を企画されて、その時私たちも二週間ネパールを訪れていました。

佐野さんにはシンガーソングライターの あおい さんというお嬢さんがいらして、去る5月23日、仙台でコンサートが開かれました。

場所は、仙台市郊外の喫茶店 「藁の家」
文字通り、藁(わら)を塗り固めた壁でできています。

CIMG8685 - コピー CIMG8683 - コピー

さんは昨年12月のミニアルバムに続いて、今回リリースしたCDの曲を披露しました。
東日本大震災から4年、いつまでも寄り添っていたいという気持ちを込めた曲です。
   
   CIMG8694 - コピー 
   CIMG8700 - コピー

コンサートはアットホームで、碧ちゃん初めてのWアンコール、良かったね!

幕間には、サプライス! 一時帰国したお母さんの優子さんが登場しました。
   
   CIMG8696 - コピー

地震当日はネパールの友人たちと共に泣いたそうですが、次の日から自分が出来ることを考え、フェイスブックでネパールの現状を発信続けているのです。
佐野さんは二週間の滞日後、再びネパールに戻り、支援活動を行うそうです。


三年前、私たちが訪れた時のネパール。
ヒマラヤ山脈8000m峰14座のうち、ネパールは世界最高峰のエベレストなど8座を擁していますが、国は貧しいままなのです。
首都カトマンズでさえ一日8~10時間の計画停電で、泊まったホテルは電気が消えエレベーターも止まりました。
町を歩けば、砂ぼこりが舞い上がり、マスクを付けなければならないほど。
ワンコも放し飼い、野良犬もたくさんいて、国情の違いを感じたものです。

実は、私のネパール旅行記は中途でまだまだ続き(世界遺産や音楽や美術など)があって、写真もたくさん撮ってきていました。
いつか、もはや回想の形ですがUPしたいと思っています。

ヒマヤラの山々 (意味は、ヒマが雪、ヤラが棲家)
PA300504 - コピー PA290368 - コピー 
PA300501 - コピー

今は在りし日となった世界遺産「バクタプル」
PB030964 - コピー 
PB031044 - コピー

ここも壊滅的に崩れ落ちた映像を見ましたが、周辺の町も全滅したそうです。

三年前のカトマンズ市内の様子
PB051162 - コピー PB051164 - コピー

   ネパールの子どもたち
   PB031133 - コピー
   PB031138 - コピー

   トレッキングした時に通りかかった村で見かけた母子
   PB041158 - コピー

ネパールはこれから雨期に入るのに、仮設住宅は建たず、このまま野外生活では衛生面でも懸念されています。
各国からの支援が、ネパールの人々に一日も早く十分に行き渡ることを祈っています。
(ルルおいてけぼり紀行・ネパール 番外)

スポンサーサイト



| ルルおいてけぼり紀行・ネパール | 15:39 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |