ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

2014年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

関東コイケル仙台初上陸 (そしてルルは「テーブル女子」になった)

関東コイケル初来仙オフ会の後、旅に出たりしてUP遅れました。

去る9月15日、場所は仙台市郊外のドッグラン「ブライアンズ」
関東から、ポワロ君 ステラちゃん ルーシーちゃん レオン君 がやって来ました。


ポワロ君ベンチ王子」健在。(隣は今日も可愛いお洋服 木町のルルちゃん
CIMG3701 - コピー (2)


ルースーレー母子、左から ルーシーちゃん ステラちゃん レオン君
CIMG3709 - コピー


在仙コイケルグレイスちゃんと同居犬JRTアレックス君もとびっきりの笑顔。
CIMG3697 - コピー


我が家のビビケル青葉山のルルは、早くも 「ベンチ女子」 に。
CIMG3669 - コピー


いとこの伊達なコイケルアロハ君木町のルルちゃん が寄ってきました。
CIMG3668.jpg


続いて ポワロ君 もやって来て、記念撮影。
CIMG3678 - コピー


ルーシーママのおやつに全員集合。
CIMG3695 - コピー


ナント、センターを取っているのは、グレイスちゃんではないですか。
こんなグレイスちゃんを見るのは初めて、ママになって強くなったのね。
CIMG3694 - コピー


ポワロ君は早々に「ベンチ王子」を返上したのに、

我が家のルルはブルブル「ベンチ女子」のまま。

それ以外はカズと私の間を一直線に走って行き来するだけの「直線ガール」

ポワロ君ママが「やぎミルク」を配りましたが、見とれてしまって写真撮り損ねましたぁ。


この後、ルルのとった行動はー 
(カズが写真を撮っていてくれました)

最後に私がおやつを上げる番になりました。
すぐに皆が襲って寄って来るではありませんか (わぁ、ビックリ!)
実はこんなに沢山のコイケル(ワンコ)に囲まれるのは初めてなのです (緊張しました)

CIMG3710 - コピー

CIMG3714 - コピー

ここに3頭のコイケルがいません。(アロハ君は早めに退出していました)

グレイスちゃんは、最初はいました。
CIMG3702 - コピー

しかーし、この行動の後、ママに呼び戻されて、しっかり押さえつけられていたのです。
CIMG3705 - コピー


そして、わが家のルルはというと、
CIMG3716 - コピー

恐怖の余り、「ベンチ女子」 から、
ついに 「テーブル女子」 へと成り上がっていたのでした。
CIMG3729 - コピー

今回参加された方は、ルルの超ビビケルが誰に似たのかを
しっかりご確認してお帰りになったと思います。

ポアロ家、ルースーレー家の皆様、とても楽しい時間を有り難うございました。
また、遊びに来てね

アロハ君パパ、グレイスちゃんパパママ、お世話になりました

にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
スポンサーサイト

| ルル | 06:01 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雲仙地獄&日本一長い足湯がある小浜温泉(北九州紀行21)

9月15日、仙台コイケルファミリーが、関東からお客様をお迎えしたオフ会がありました。
仙台で8頭もコイケルが揃ったのは初めてのことでした。
(ポワロ家はまだ旅行中かしら、ルースーレー家はすでに仕事に戻ったことでしょうね)

賑やかで楽しくて、でもルルがビビってしまったので、あまり写真が撮れなくてー
他家のUPを楽しみにして、我が家は乏しい写真を何とか編集してみますので後出しにさせてください。

という訳で、今日も旅行記を続けます。



島原半島を横断するように、雲仙普賢岳の中腹を西に進んでいくと、硫黄の臭いがたちこめてきて、 雲仙温泉に着きました。

雲仙地獄 と呼ばれる所があるそうです。立ち寄ってみました。

CIMG1109 - コピー

CIMG1110 - コピー (2)

CIMG1114 - コピー

CIMG1104 - コピー

P3242007 - コピー

CIMG1119 - コピー


雲仙温泉を後に、普賢岳を下っていくと、島原半島の外洋に出ました。

海が見えてくると、小浜 Obama という標識がー
ここの小浜温泉に、日本一長~い足湯があるそうです。

ほっとふっと105
温泉温度105度に合わせて、長さが105m

P3242010 - コピー

源泉掛け流しの足湯。

CIMG1139 - コピー CIMG1134 - コピー

流れの最後にペットの足湯がありました。

CIMG1126 - コピー

CIMG1127 - コピー

CIMG1129 - コピー (2)

足湯に浸かっていると気持ちよくて、このままのんびり海に沈む夕日を見ていたい気分になりましたが、今日中にできるだけ長崎に近い所まで行こうということになりました。
kyushu_map - コピー (2)

にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ

| 北九州紀行 | 05:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

南島原から見た雲仙普賢岳(北九州紀行20)

天草下島から島原半島フェリーが出ていることを地元の方から聞いて知りました。
フェリーで島原まで30分だそうです。
熊本には以前来ていたので、近道で長崎方面へ向かうことにしました。

CIMG1042 - コピー

CIMG1044 - コピー CIMG1045 - コピー

フェリーでは車留め置きにされたルーちゃん、お疲れね。
(ルルは何が何だかわからないよね)
     CIMG1058 - コピー (2)


さて島原半島に上陸したものの、右も左もわからない状態。
地図で一番近い「道の駅」を探し、ナビを設定しました。

島原湾沿いを北上して 「道の駅 みずなし本陣ふかえ」 に着きました。

CIMG1062 - コピー

ふかえ・・・・・南島原市 深江町

この名は、雲仙普賢岳 が爆発した当時、TVのニュースから何度も聞こえてきた町の名ではありませんか。

P3241997 - コピー (2)

駐車場から、その普賢岳が見えます。
     P3241987 - コピー
     P3241988 - コピー
     P3241991 - コピー
     
まさにここが被害の大きかった町なのですね。
みずなし本陣ふかえ」は新しく大きい道の駅で、いろいろ情報をもらいました。


火砕流に呑み込まれた旧「大野木場小学校」の校舎が災害遺構として保存されていると聞き、向かってみることに。
P3241992 - コピー P3242002 - コピー

この遺構を見て、石巻市の「門脇 かどのわき 小学校」を想いました。
門脇小学校は先の大震災で、大津波と瓦礫が押し寄せ、後に一帯に発生した火災にも襲われ、同じように躯体のみを残すだけになっているのです。
(児童たちは全員裏山に避難して無事でした。日ごろの訓練の賜物ですね)

門脇小学校は、父の母校です。
私が3歳まで住んでいたという家は流され、今は一面、海を見渡せる更地です。
家族は仙台に移り住んでいたので、石巻へは年に一度お盆の墓参りに行くだけになっていました。
そのお墓も瓦礫に埋もれ塩水を被りました。
遠くてもお墓をなかなか移そうとしなかった父は、これを機に仙台に移す決心をしたのでした。
門脇小学校は周囲に家がなくなり、廃校が決まりました。


大野木場小学校はというと、少し離れた場所に再建されたそうです。
新しい校舎は雲仙温泉に向かう途中の道沿いを入った所にありました。
その日は休日でシーンとしていました。

CIMG1096 - コピー

CIMG1098 - コピー - コピー CIMG1099 - コピー - コピー




一昨日の局地的大雨では、宮城県でも石巻が3時間に150mm、仙台で1時間に75mmという短時間では記録的な降雨量で、低地では冠水などの被害を受けました。
石巻では、先の大震災で70センチも地盤沈下した地域があるのです。
広島で土砂災害があったばかり、日本列島はいつどこで何が起きるかわかりません。
ルルの姉マリィちゃん一家が住む札幌の◯◯町では、豪雨で断水し給水に2時間待ちという長い行列ができている様子をTVのニュースで見て、大震災後のサバイバル生活を思い出しました。
被害にあった方々には心よりお見舞い申し上げますとともに、皆様もどうぞお気を付け下さい。

にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ

| 北九州紀行 | 06:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仙台コイケル模様(グレイス叔母のパピーたち&いとこのアロハ君とWルル)

ルルの生母(クルミちゃん)の妹、グレイスちゃんのパピーたちを見せてもらいに伺いました。
グレイスちゃんはトレーニングチャンピオンに輝き、今度は出産という大仕事を成し遂げていました。

グレちゃんは6頭のパピーたちを産んでいました。皆、粒ぞろいの可愛さです。
CIMG3421 - コピー

同居犬のJRTアレックス君も大はしゃぎ。
CIMG3417 - コピー

パピーたちとアレ君の動画は必見です。[広告] VPS


それから一週間ほど経って、岐阜からブリーダーさんご夫婦がパピーたちを迎えに来た日、いとこの アロハ君W(ダブル)ルルこと 木町のルルちゃん と 我が家の 青葉山のルル が、アレグレ家に集まりました。

アロハ君とWルルの生母たちは、グレイスちゃんの姉妹です。
木町のルルちゃんはこの日グレイスちゃんと初対面でしたが、懐かしいママの匂いがするのか、グレ叔母さんの後を追いかけていましたね。

CIMG3466 - コピー - コピー
この写真に(我が家の)青葉山のルルはいません。

CIMG3473 - コピー
やっとカズの後ろから顔を出しました。

     CIMG3482 - コピー
    人見知り、犬見知りのルル、私たちの間からなかなか出ようとしませんでした。

初めてパピーたちを見てから一週間しか経っていないのに、パピーたちはいちだんと大きくなっていました。
CIMG3499 - コピー

パピーたちが去った後、グレちゃんは割と普段通りだったそうですが、アレ君はパピーたちの帰りを待つかのように、三日ほど玄関に行ってはしばらく佇んでいたそうです。
この話をママさんから聞いて、ほろりとなりました。
自分の子どもでもないのにイクメンしたアレ君、感情豊かで優しいですね。

グレちゃんとアレ君とのツーショット。
     CIMG3460 - コピー

可愛いグレイスパピーたちはこちらでたっぷり見られます ⇒ 「アレポとしあわせマイレージ」


これからは去る7月に アロハ君木町のルルちゃん が、青葉山の我が家に遊びに来た時の様子です。(グレ叔母ちゃんはお腹が大きくて来れませんでした)

CIMG3216 - コピー

ご存じ、杜の都の伊達なコイケル アロハ君
   CIMG3249 - コピー
   CIMG3252 - コピー

内弁慶の我が家のルルは、自分の庭では積極的!  
さっそく一走り。アロハ君は8キロと小柄ですが、エンドレスの運動量を誇ります。
   CIMG3177 - コピー
   CIMG3185 - コピー

一緒に駆けてくるのは Wルル
CIMG3205.jpg

杜の都の深窓のお嬢様 木町のルルちゃんは、我が家のルルより1歳3カ月下です。
ブリーダーさんから仙台にはすでにルルという名のコイケルがいると言われたそうですが、どうしてもルルという名前にしたかったそうです。
血統書の表記もおんなじ “Lulu
その上、木町のルルちゃんの誕生日5月10日は、我が家のルルを仙台に連れてきた日(家の子記念日)と同じ月日なのです、ご縁がありますね。

木町のルルちゃんはとても人なつっこい
  アロハ君のパパの所へ。
   CIMG3233 - コピー
  カズの所へも。
   CIMG3237 - コピー

呼び名もおんなじ ルーちゃん 姉妹のように仲良しになってほしいな。
CIMG3229 - コピー
CIMG3239 - コピー

ルルちゃん、ディスクで遊び始めました。
CIMG3292 - コピー (2)
       そこへ、アロハ君がー
       CIMG3294 - コピー
            あーあー、取られちゃたぁ。
            CIMG3296 - コピー (2)

ママに甘えに行くルルちゃんでした。
   CIMG3278 - コピー (2)
   CIMG3285 - コピー (2)

今度はグレイス叔母さまとアレックスおじさまも一緒に遊ぼうね。
CIMG3201 - コピー

そうこうしているうちに、関東からお客様をお迎えする日も近づいてきました。
ポアロ君、ルーシーちゃん、ステラちゃん、レオン君、パパ様ママ様方、 仙台コイケル一族でお待ちしております。

にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ

| ルル | 06:47 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宮城蔵王の「お釜」&「お釜ピザ」

山形県と宮城県にまたがる 蔵王連峰
宮城県側の中腹に、通称 「お釜」 と呼ばれる カルデラ湖 があります。

7月15日に訪れた時の写真です。
まだ残雪がありました。

P7150609 - コピー

P7150612 - コピー

県内なので馴染みがありすぎて、いつ来ても同じ形で絵葉書のようだと思っていました。
しかし、年を経て見方も変わってきました。
そのどっしりとして揺るぎない姿に、安心感のようなものを覚えるようになり、心が落ち着きます。

P7150571 - コピー

いつも同じだと思っていた形ですが、たたえた水は空によって染まり、色を変えます。
低い雲が、影を映しながら通り過ぎて行きました。

P7150580 - コピー

P7150582 - コピー

P7150584 - コピー

春夏秋冬、気が遠くなるような日々も、一日たりとも同じということはないのですね。

P7150625 - コピー


そして先日の8月29日は、宮城蔵王の麓にある、美術館に行ってきました。
加山又造展」が開催されていて、加山ファンのグレイスちゃんママと一緒に観てきました。

     CIMG3612 - コピー

加山又造は10年前にこの世を去りました。
日本画家では、片岡球子や奥村土牛など100歳近くまで長生きした人もいます。
初期の革新的な作品から何度か作風を変えてきた才能豊かな画家だったので、もう少し長生きしたら新たな展開も見せてくれたのではないかと惜しまれます。


ランチは、廃校になった小学校分校の校舎を利用したピザ屋さんで。

CIMG3582 - コピー CIMG3608 - コピー
CIMG3611 - コピー CIMG3606 - コピー


ここの売り、「お釜ピザ」。
蔵王お釜を模し、生地で土手を高くして中には濃厚なチーズがたっぷり。
(クリームチーズも入っていました)
     CIMG3593 - コピー

切り分けるのにハサミが出てきました。
     CIMG3596 - コピー
     CIMG3597 - コピー
     CIMG3602 - コピー

グレイスちゃんママの前にあるのは、「手作りベーコンとえびのピザ」
ママさんは、グレちゃんの出産(+健康生活)で、かなりほっそりしましたね。
       CIMG3591 - コピー

テイクアウトもして、今夜の夕食はOK! 
もう一軒寄ろうかなんて言っているうちに我が家に到着して、おうちカフェに。
人見知りのルルも、ママさんの手からはおやつををもらうことができました。
(写真撮り損ねてしまって、今日もルルの出番なしです)

にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ

| 宮城紀行 | 06:34 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |