ルル紀行

北海道旅行中に亜麻と出会い、宮城産の亜麻で手紡ぎと織りに挑戦中ー 愛犬ルルとの旅や暮らし、東北のディープな魅力も紹介します

2012年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ヘビ追うルル

CIMG2320.jpg

CIMG2321.jpg

CIMG2322.jpg

毒ガマに続いてヘビに遭遇したルルちゃん。
このヘビは毒がないとカズは言っていますが。



ところで今、横井庄一さんブームとか。
故横井さんは第二次世界大戦敗戦後も、派遣されたグァム島のジャングルに28年間も潜伏していました。
震災後、そのサバイバル生活が注目を集めているそうです。

アウトドア雑誌「BE-PAL」10月号の付録に復刻版「横井庄一のサバイバル極意書」が付いていました。
CIMG2387.jpg

ルルが毒ガマやヘビと遭遇したこともあって、その辺のくだりを。

グァム島の毒ガマは、スペイン領だった頃ヘビが多くて困り、本国からヘビを駆逐するために持ち込まれたという話です。
横井さんにとって、毒ガマはどこにでもいて簡単に手で捕まえられ、一番のタンパク源だったとのこと。

『毒ガマカエルの正しい食べ方』の項では、完全に血抜きをして、ヤシの実のミルクで煮たり、自ら精製したヤシ油で天ぷらにしていただいたそうです。
「ガマの油」も、自己流でガマの腹の脂肪を煮詰めて作り、スリ傷、切り傷にはよく効いたということです。

本の最後の横井さんのお言葉。
「日本に帰るまで、穴倉のなかで、ソテツの実と毒ガマカエルの食事をしていた。それが急に、いつでも好きなだけ食べ物も水も手に入る世界に放り出された。その逆がないとは誰が言える。いいことはいつまでも長続きしない。何が起きるかわからんだでね」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ルルは2週間ほど「ドッグウッド」さんに預かっていただくことになりました。

ルルちゃん、寂しいだろうけれど社会勉強して、人見知り、犬見知りを直して、今度会う時まで少しはおとなになっていてね。

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| ルル | 10:49 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アレとグレとルル

先日、アレグレ一家にドッグランへ連れて行ってもらった時の映像です。

美人のグレイスママさんからおやつをいただいています。
CIMG2324.jpg

ルルも寄ってきました。
CIMG2323.jpg

グレイスママさん、アレくんを抑えてー
CIMG2326.jpg

グレちゃんも抑えてー 
CIMG2327.jpg
ルルもごちそうになりました。


それから数日後、我が家においでいただいたアレグレ一家。

芝生でグレイスパパさんにたくさん遊んでもらいました。
ルルも、アレくんの気配りで、しっぽをあげて一緒に走るようになりました。

今日のランチは手作りピザ。

グレイスママさん、生地を回して伸ばしています。すごい! 
CIMG2341.jpg

トッピングしてー
CIMG2335.jpg

庭のピザ釜(手作りというか、カズとユウが組み立てたもの)で焼きました。
PA140182.jpg

木もれびの下で、「いただきまーす!」
CIMG2345.jpg

ランチタイムは、ワンコたちもブレイクタイム。

アレくんの位置取りはさすが!奥に引いてボランチのようです。
CIMG2343.jpg
ルルは一番前で大声出してワンワン、まだまだ子どもなのか、それとも・・・

そしてー
ワンコたちがグレイスママさんからおやつをいただいた後のことー、
すぐに食べ終えたルルは、ゆっくり食べているアレくんに襲いかかっておやつを奪って食べたのです 
カズがサンダルを脱ぎ捨て飛んで行ってルルをしかりつけました。

ああ~ルル、何ということを! あんなに優しく遊んでくれたアレくんにー

パパママさんは、いつもグレちゃんにやられているから大丈夫、とおっしゃっていただきましたがー

アレくん、しつけが行き届かなくて、本当にごめんなさい 

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村

| ルル | 07:09 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

奥の細道「象潟」と「松島」

松尾芭蕉「奥の細道」最北の地、象潟。
芭蕉が訪れたのは1689年、東の「松島」に比して西の「象潟」と並び称されていました。
当時の象潟は、紀元前の鳥海山の噴火による土砂に堰き止められて出来た潟湖に、小島が浮かんでいて「九十九島」とも言われ、舟で行き来していたのだそうです。


郷土資料館で特別展「おくのほそ道 松島と象潟」が開催されていて、当時の景観が描かれた屏風や掛け軸を観ることが出来ました。

CIMG2123.jpg

CIMG2112.jpg

その後象潟は1804年の大地震(M7.1)で2m隆起し、陸地になってしまいました。 
現在も「九十九島」のおもかげを残すいくつもの小山が田んぼの稲穂の波間に点在して、「陸の松島」と呼ばれています。 


芭蕉も訪れたという蚶満(かんまん)寺に行きました。

そこに当時の舟着き場の跡と舟つなぎ石が残っていました。

CIMG2151.jpg

西行法師もここで歌を詠んでいます。
「きさかたの桜は波にうづもれて花の上漕ぐ海士もつり舟」

CIMG2152.jpg CIMG2154.jpg

芭蕉の句「象潟や雨に西施がねぶの花」
芭蕉さんの気持ちはわかりませんが、松島と比べて日本海のこの地はもの悲しく映り、憂いに沈む中国四大美人のひとり西施(せいし)さんに重ね合わせて詠んだと言われています。

蚶満寺になぜか芭蕉の木が!
和製バナナと呼ばれていても食べられないそうですが、実を2個付けていました。
CIMG2138.jpg

CIMG2142.jpg CIMG2141.jpg


芭蕉とは別に象潟と松島は夫婦(めおと)町と言われる縁があります。

今から700年も前のこと。
象潟で生まれた紅蓮は、親同士が決めた縁談で松島へ嫁ぎます。
しかし、夫となる人は直前に亡くなっていました。
象潟に戻って新たな幸せを求めるよう勧められますが、紅蓮はとどまり、一度も会ったことのない亡き夫の供養とその両親への孝養に尽くしました。
晩年は尼となり、生活の糧に米の粉で煎餅を焼いていたことから、今でも松島名菓「こうれんせんべい」として残っています。
 
紅蓮の碑も蚶満寺にありました。
CIMG2145.jpg


夫婦町である象潟(現・にかほ市)と松島町は災害協定も結んでおり、先の震災でのいち早い救援と、その後の復興支援も続けているということです。


これで「象潟」探訪はおしまい。


蚶満寺境内にて、ルル。
CIMG2157.jpg


にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村

| 秋田紀行 | 18:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

滝巡りと湧水

美しいすそ野が広がる鳥海山の山懐。

奈曽の滝
古い神社の苔むした石段を登って降りて行ったところにありました。
CIMG2201.jpg


元滝伏流水
元滝は、鳥海山に降った雨雪が地下に滲み込み、伏流水となって岩の間から勢いよく流れ出している滝です。
CIMG2210.jpg

CIMG2218.jpg

CIMG2222.jpg


元滝の近くに湧水を汲めるところがありました。
CIMG2248.jpg

ルル、がむしゃらに飲んでいます。
CIMG2249.jpg

すっごく冷たい! 美味しいね。
CIMG2251.jpg

この水は年間通して7℃前後だそうです。
奥の駐車場から近いので4ℓペットボトル8本分を汲んできました。
CIMG2253.jpg


その駐車場で一台の見覚えのある車が止まっていました。
昨晩、「道の駅 岩城」で見たような・・・
程なく私たちより少し年配のご夫婦が戻ってきて、案の定、車中泊しながら旅をしているとのこと。
今朝は鳥海山の5合目まで車で登り、遠く山形市街まで見渡せたと嬉しそうです。
失敗! 私たちも行けばよかった。
前回来た時、鳥海ブルーラインは霧の中で何も見えなかったのです。

ご夫婦は山梨から来ていて、富士五湖の山中湖にもマリモがあるので見に来てください、と言われました。

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村

| 秋田紀行 | 14:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

何に見えますか?

Q1. 何に見えますか?

CIMG2269.jpg

CIMG2277.jpg

. お猿さん、 象さん、 ワンちゃん、・・・・

木の幹のコブがお猿さんのように見えたのでシャッターを押しました。

これらの木は奇形ブナと呼ばれていて、象潟の「獅子が鼻湿原」に在ります。

ブナは本来真っ直ぐに高く伸びていきます。
なぜこういう形になったのでしょう。
昔、炭焼きのためにブナは伐採されたり、枝を切られたりしました。
その傷を癒すためにコブができ、新たに芽を出し枝を伸ばしてきたのです。
形は不恰好でも生命力の強い木々たちです。

樹齢300年の日本一太い「あがりこ大王」と名付けられている奇形ブナ。

PA030141.jpg

あがりこと言われる子どもたちがたくさん立ち上がっています。


まるでモンスターの群れか、はたまた現代野外彫刻展かという趣きの森でした。

PA030146.jpg


Q2.  何に見えますか?

CIMG2279.jpg

. マリモ?

鳥海マリモ」と呼ばれていますが、コケが流水の中で集まって丸くなって出来ているのです。
これらも「獅子が鼻湿原」に在ります。

CIMG2284.jpg


この豊かな清流とブナの森は鳥海山がもたらした恵み。

出つぼ」と言われる伏流水が湧き出ている泉がありました。

PA030148.jpg


「獅子が鼻湿原」はゆっくり巡ると2時間半余りのコースです。
残念なことに木道のため、ワンコ進入禁止。
ルルには涼しくなったので車のクレートの中でお留守番してもらいました。

というわけでルルの出番はちょっぴり。

PA030111.jpg

PA030112.jpg


にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村

| 秋田紀行 | 06:36 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本一の道の駅

「奥の細道」と「湧き水」を訪ねて、秋田県にかほ市の象潟(きさかた)に行って来ました。

ここの道の駅 象潟は平成22年度版の「道の駅~旅案内全国地図」(日本RV協会)という本の付録、道の駅日帰り温泉ハンドブックで、堂々人気ランキング1位に入っていました。
CIMG2300.jpg

4Fに日本海を一望できる展望温泉「眺海の湯」(塩泉)があり、夕陽の絶景ポイントです。
CIMG2195.jpg

松尾芭蕉は「奥の細道」で「象潟や雨に西施のねぶの花」と詠んでいます。

中国四大美人の一人と言われる西施(せいし)像が建つ「ねむの丘公園」
CIMG2107.jpg

芝生は消毒をしているというので入らず、海辺へ降りてみました。
沖では漁をしている船、サーファーたちもいます。
CIMG2065.jpgCIMG2090.jpg
PA020083.jpg

実はこの駅はキャンピングカーを購入してからルルを迎える前にお試しP泊したところ。
その時、展望風呂の湯船に浸かりながら、海に溶けるように入っていく夕陽をばっちり見ていました。

そこで今回はここより40キロ北にある由利本荘市の道の駅 岩城へ向かいました。
この駅にも展望温泉が併設されており、上の表では20位にランクインしています(下から2行目)

道の駅 岩城
CIMG2190.jpg

海が遠浅なので、沖合まで橋を架けて円形の防波堤を築き、その内側に船を係留させている全国でも珍しい工法の「島式漁港」
CIMG2192.jpg

日の入りはルルと一緒に防波堤の突端で見ることにしました。
残念ながら今回は雲がかかり、ばっちりとはいきませんでした。
CIMG2176.jpg

展望温泉「港の湯」に入りました(薄茶色の塩泉、3時間400円)
半露天の岩風呂もあって、平日のためか誰も入っておらず、貸切状態。
残照の日本海、眼下に砂浜、打ち寄せる波を見ながらの至福の時間。

マイランキングでは、眺望の面では防波堤が目に入るところがマイナスなものの、露天風呂があること、泉質が良いこと、休憩スペースも海に面していて広いことなどで、象潟より岩城の方に軍配かな。

道の駅の売店で揃えた夕食。
CIMG2187.jpg
(右上から時計回りに)
貝の炭火焼き各種。
みずの実としょうがの浅漬け。
醤油おこわ(黒砂糖の甘味にくるみが入っている)
地酒(2011年度ホノルルで行われた全米利き酒会で金賞受賞)

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村

| 秋田紀行 | 06:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋の「花みょうが」

たった2株いただいたみょうが(茗荷)が今では花壇の一角を占領するまでになりました。
覗いてみたら、おおぉー、みょうがの花ざかり。
収穫、遅かりしか。

みょうがの葉茎(白い粒々の花は「水引草」)
CIMG1948.jpg

葉茎を切り落とした後の花みょうが達。
CIMG1959.jpg

CIMG1950.jpg

みょうがは葉の付いた茎が地下茎で繋がっていて殖えていきます。
花は地下茎から直接土の上に顔を出すので、私たちはつぼみを食べているのですね。

こんなにたくさん獲れました。
CIMG1978.jpg

地下茎の付いた花みょうが。
CIMG1979.jpg
お店で見かけるものより、3倍はありますよ。
花を付けると中がスカスカになるのですが、今年は雨が少なかったせいか、まだ固くしまっています。セーフ!

みょうがを食べると物忘れする、と言われてきました。
その言われは昔、お釈迦様に記憶力の乏しい弟子がいて、自分の名前すら忘れるので名前を書いた名札を背負わされていました(名荷→茗荷)
その方が亡くなった後、お墓から生えてきた植物を「茗荷」と名付けたことからきているそうです。
このお坊さんは「シュリハンドク」という名前で、物覚えが悪くても、掃除を毎日欠かさず続ける修行をしました。
ついには自分の心の中の塵や垢をも払って、悟りを開き、阿羅漢という聖者になりました。

「みょうがの宿」という昔話があります。
袋に大金を入れた客が宿泊し、欲に目がくらんだその宿の主人は客が袋を忘れていくようにと、みょうが料理をたくさん出しました。
翌朝その客は大金の袋を忘れずに持って出立しましたが、逆に主人のほうが宿賃を取るのを忘れてしまった、という話です。

今では物忘れをするというのは迷信で、科学的根拠はないことが実証されています。
みょうがはショウガ科に属し、逆に脳を活性化するそうですよ。

秋みょうがは味も香りも刺激が強く、最高にうま~~い!
お豆腐にたっぷりかけていただきました。
CIMG2292.jpg

食べきれない分は、塩漬けや冷凍して長期保存しようと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日のルルは自らお掃除した庭で一休みした後、牛のひづめに夢中です。

CIMG1917.jpg

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村

| foods&cooking | 19:07 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヌル犬? ズル犬?

ルルと一文字違いでアルくんという同胎犬がいます。
男の子らしく精悍に成長していますね。

今日は「一文字違うと・・・・」というお話。

CIMG1946 - コピー

ご近所のお一人は、ずっとルルを「ヌル」だと思っていたらしくー
「あらヌルちゃんでなくてルルちゃんだったのね。なんか変な名前だと思ってた」

こちらの発音がだめだったのか、うまく聞き取ってもらえなかったようで、「ル」の発音や聞き取りは日本人には難しいところがありますね。

CIMG1942.jpg

散歩の途中のおじいちゃん。
「犬飼ったの。名前なんて付けたの?」
「ルルちゃんです」
ズルちゃん」

「いえ、ルルです」
「え? ズル?」

「違います、ル ル
「・・・ズ  ル 」
「・・・・」

それからカズとユウはボクをズルちゃんと呼んだりしてからかうんだ。
ちがうやーい、ボク、ズル犬じゃないよ。
二人は子犬の頃「こんな一途な子はいない」と言ってくれてたじゃない。
でも最近はときどきフェイントをかけたり、言うこと聞かなかったりし始めたけどね。

CIMG1943.jpg

そして近所のおば(あ)さま。
「あ~らワンちゃん、お名前は?」
「ルルって付けました」

「ルルちゃん」
「はい、ルルちゃんです」(ホッ)

「そういえば、昔『上海帰りのルル』という歌があったわね」
「・・・・」(ガーン)

おばさま、それは「上海帰りのリル」でございます。

え? わたしも古い?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

兄弟姉妹のお宅では「ルンバ」ブーム。
実は我が家にもありますぅ(初期の)
でも今では出番がありません(テラ家のような理由などで)
掃除機もあまり使っていません。
ルルが日中ほとんど庭で放し飼いなので、クイックルワイパー(50センチ幅のワイドサイズ)でササッと、です。

「ルルのお掃除屋さん」
ルルちゃん、さすが女の子、毎朝お掃除(?)していますよ。

CIMG2029.jpg
さあ、今朝もお掃除開始。

CIMG2021.jpg
ほうきを持ち上げなくっちゃ。

CIMG2022.jpg
手をかけて、と。

CIMG2023.jpg
持ち上げるって、むずかしー

CIMG2028.jpg
小休止。

CIMG2025.jpg
もう一度やり直そう。

CIMG2026.jpg
よいしょっ、と。

CIMG2024.jpg
やっと上がったー

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村

| ルル | 09:41 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台風一過、今朝のルルちゃん

朝焼け
CIMG2000.jpg


ルルコ姫は庭に出してもらって大はしゃぎ。
CIMG2014.jpg


なんと、ほうきを持って走り回っています。
CIMG2015.jpg


「あー、疲れた」
CIMG2018.jpg



ほうき遊び、再開。

PA010066.jpg


PA010067.jpg


PA010069.jpg


PA010072.jpg


にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村

| ルル | 11:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |